アルファードにゴールドでゴージャスな特別仕様車が登場!

トヨタのフルサイズミニバン「アルファード」に特別仕様車、240S“TYPE GOLD ll”と350S“TYPE GOLD ll”が登場しました。ネーミングの通りに、フロントの 専用ゴールドエンブレムがゴージャスさをアピールする仕様となっています。

gold_alpd1310_01

外観ではスーパークロームメッキ塗装の専用アルミホイール、 フロントグリル(スモークメッキ+カラード)、ミッドグリル(スモークメッキ)、バックドアガーニッシュ(スモークメッキ)、そしてリヤに“TYPE GOLD ll”エンブレムを装備して差別化しています。

インテリアでは、ブラウンの表皮にちりばめられた小さな孔からゴールドがのぞくアルカンターラをメイン材に、ドレープ調本革&ブラック人工皮革(ライトブラウンステッチ)のサイドを組み合わせることで、高級感をアピールします。

センタークラスターもゴールド仕立て、フロント&リヤのドアハンドルはメッキとなっています。 さらに、専用ツヤあり黒木目調パネル、本革巻き4本スポークステアリングホイール、本革巻きゲート式シフトレバー&シフトノブでゴージャスなキャビンを演出します。

 

gold_alpd1310_03

ゴールド加飾の スマートキー、デュアルパワースライドドア(イージークローザー、挟み込み防止機能付)、パワーバックドア(挟み込み防止機能付)&バックドアイージークローザー、アクセサリーコンセント(AC100V/100W)なども特別装備として与えられています。 

メーカー希望小売価格は、2.4Z“GOLDEN EYES ll”が 3,690,000円(2WD)と3,879,000円(4WD)、3.5Z“GOLDEN EYES llは 4,070,000円(2WD)と4,259,000円(4WD)となっています。

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。