スズキはジムニー後継や新軽自動車を出展【東京モーターショー2013】

2013年 11月20日に開幕、一般公開日は11月23日~12月1日の東京モーターショー。スズキの出展内容が判明しました。

二輪、四輪、船外機やセニアカーと広範囲に展開するスズキ。今回の東京モーターショーでのブース出展テーマは「新しい物語をつくろう。」となっています。

出展するコンセプトカーは、四輪車がワールドプレミア4台とジャパンプレミア1台。クロスオーバースタイルの軽自動車「ハスラー」は市販間近といった雰囲気。そのボディバリエーションとなる「ハスラークーペ」も出展されます。

Suzuki2013TMS0008

Suzuki2013TMS0007 

そのほか、前回の東京モーターショーに出展した「レジーナ」を発展させた「クロスハイカー」と、ジムニーをベースに1.3リッターハイブリッドとした「エックス・ランダー」も世界初公開。フランクフルトモーターショーにてワールドデビューとなった「iV-4」も日本初公開となります。

    Suzuki2013TMS0010Suzuki2013TMS0009Suzuki2013TMS0006

二輪は来季のモトGPマシンを含めて、ワールドプレミアは3台。

588ccの2気筒インタークーラーターボエンジンを積む「リカージョン」は、オートバイらしい走りの楽しみという原点を追求したコンセプト。

Suzuki2013TMS0004

電動・クロスオーバーを示すEXと、きっかけを意味するトリガーを組み合わせた「エクストリガー」は電動スクーターのパワートレインを利用したミニバイク。倒立サスペンションや前後ディスクブレーキなどディテールにこだわった遊び感覚の一台となっています。

Suzuki2013TMS0003

ほかには、トラクションコントロールを装備した「Vストローム」、大型スクーター「バーグマン」の日本仕様、ハーフカウルをセットした「GSR250S」、そして最速オートバイの代名詞でもある「ハヤブサ」の日本仕様が、それぞれジャパンプレミアとなっています。 

Suzuki2013TMS0001Suzuki2013TMS0002 

また、スズキブースのメインステージ後方には3.6m×40mの超ワイドパノラマスクリーンを配置。映画監督 岩井俊二氏のプロデュースによるコンセプトカーのイメージムービーも見逃せません。

なお、セニアカーでは運転補助機能を搭載した「ET4Dコンセプト」が世界初公開となっています。

Suzuki2013TMS0005

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。