「スバル・ステラ」標準顔にターボエンジンを追加ラインナップ

富士重工業は、ダイハツ工業よりOEM供給を受けているスバル ステラにターボエンジン搭載グレードを追加設定しました。

ST13X01

ターボエンジンを積む新グレードは「LS」、『トマールレーダー』ことレーザーセンサーによる衝突被害軽減ブレーキを搭載した「LSスマートアシスト」となり、それぞれFFとAWDが用意されます。

注目のターボエンジンは、すでにステラカスタムに搭載されているものと同じDOHC 12バルブ インタークーラーターボ(47kW、92Nm)。アイドリングストップも備わり、FFで25.2km/L、AWDで23.4km/LのJC08モード燃費となっています。これにより、FFはエコカー減税の免税レベル、AWDでも75%減税レベルとなっています。

ST13X05

インテリアにはタコメーター付きの3眼ルミネセントメーターを採用しているのが変更点。合わせて、ステラシリーズ全車に、急ブレーキ時にハザードランプで後続車への注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を標準装備。また、新色「ファイアークォーツレッド・メタリック」と「プラムブラウンクリスタル・マイカ」(ステラのみ)を追加しています。

メーカー希望小売価格は、LS(FF)が1,259,500円、LS(AWD)が1,380,500円、LSスマートアシスト(FF)が1,309,500円、LSスマートアシスト(AWD)が1,430,500円となっています。

■関連記事
ダイハツ・ムーヴに7万円高の標準ターボ追加
https://clicccar.com/2013/10/24/233909/

(山本晋也)