トヨタのミニバン「ウィッシュ」に白と黒の特別仕様車

トヨタの7人乗りミニバン「ウィッシュ」に特別仕様車1.8S“MONOTONE”が登場しました。

この特別仕様車は、「1.8S」をベースとしたもので、名前の通りに、内外装を白と黒のモノトーンとしたものです。

まず、ボディカラーは、ホワイトパールクリスタルシャインとブラックの2色を設定、インテリアでは、ブラックとオフホワイトを組み合わせた専用のシート表皮(ファブリック+合成皮革)を装備。さらに、ホワイトボディにはホワイトパール、ブラックボディにはピアノブラックのセンタークラスターを組み合わせています。

wish1309_01

そのほか、両カラーに共通の特別装備は以下のようになっています。

【エクステリア】
フロントエアロバンパー(センターカラー:ブラック)
フロントグリル(スモークメッキバー付)
フロントフォグランプ(スモークメッキガーニッシュ付)
アウトサイドドアハンドル(カラード+クロムメッキ)

【インテリア】
本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバー調ベゼル、シルバーステッチ)
ドアトリム(専用ファブリック)
専用シート表皮(ファブリック+合成皮革)
ヘッドレスト(合成皮革)

さらに、スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)を特別装備ししています。

エンジンは1.8リッターで、変速機はCVTとなり、駆動方法はFWDと4WD。メーカー希望小売価格は、ブラックの FWDが221万円で、4WDは239.9万円。ホワイトパールクリスタルシャインは、それぞれ3.15万円高となります。

wish1309_02

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。