スバルXVハイブリッドの価格はガソリン車+30万円以下が妥当か!?

スバル初のハイブリッド、XVハイブリッドが成功するかどうかはやはり価格が大きなカギを握っているはず。JC08モード燃費は20km/Lですから、クラスやサイズ、車両重量、排気量は異なりますが、30km/Lを超えるプリウスはもちろん、インサイトの22.2km/L〜27.2km/Lと比べても低い値ですし、TSIエンジンを積む新型ゴルフはハイブリッドなしで、19.9〜21.0km/Lに到達しています。

subaru_xv_hybrid_03

XVハイブリッドは燃費最重視モデルではないとはいえ、それでもユーザーはハイブリッドを選択しようと考えるわけですから、既報のとおりJC08モード燃費の70%は実燃費で稼ぎ出したいものです。

気になる価格は発表されていませんが、予約受付がスタートしているのでディーラーで現時点での価格や見通しは教えてくれるでしょう。

SUBARU XV HV_36

ガソリン仕様のXVは、エントリーグレードの219万4500円〜アイサイト装着車で246万7500円。ハイブリッド化により燃費でどれくらい元が取れるか、そしてトルク感のある走りをどう評価するかにもよりますが、後からハイブリッドが追加された他メーカーの価格設定は、200万〜250万円の価格帯の場合でプラス20〜30万円以内が相場ですから、XVハイブリッドの価格アップ額は最低限で30万円以内をクリアしないと人気グレードへの道は厳しくなるような気もします。

SUBARU XV HV_45

あくまで予想ですが、スバル初のハイブリッドでシンメトリカルAWDであることを加味して、30万円を上限とし、最廉価グレードは最低でも250万円を切りたいところで、ハイブリッド専用開発のアイサイト装着車は、275万円前後が攻防ラインになるかもしれません。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。