ダイハツ・タントがマイナーチェンジで燃費改善、2WDは免税レベルになりました

ミラやムーヴと並ぶ、ダイハツ軽自動車の3本柱のひとつとして、月販1万台以上と安定した人気のハイトワゴン「タント」、「タントカスタム」が燃費改善などのマイナーチェンジ。あわせてお買い得な特別仕様車を加えています。

 

 

2011年は約13万台を販売、2012年は8月までの段階で12万台以上が売れているほど人気の高いハイトワゴン「タント」ですが、今回のマイナーチェンジではエンジン制御の最適化により燃費を向上、NAエンジン・2WD車においてエコカー減税における免税レベルに適合しているというのが最大のアピールポイントです。

 

さらに、「タント G  Special」、「タント カスタム X Special」という14インチホイールを備えた、お買い得な特別仕様車を新設定しています。

 タントGスペシャルは、エアロスタイル・エクステリアをまとい、ブラックインテリアとしているのが主な特徴。

メーカー希望小売価格は、2WDが1,340,000円、4WDが1,461,000円となっています。

 

 

 タントカスタムXスペシャルは、イージークローザー付きパワースライドドアを装備、こちらもブラックインテリアになっているのが特徴。

メーカー希望小売価格は、2WDが1,490,000円、4WDが1,611,000円となっています。

 

なお燃費性能は、どちらも2WDが25.0km/L、4WDは24.0km/L。

 

ホンダのハイトワゴン「N BOX」が独走しているとさえ言える2012年の軽自動車マーケット、エコカー免税を実現する燃費の改良と、お買い得感のある特別仕様車の投入によって、その勢力図は変わるのでしょうか。

(山本晋也)

 

 

 

 

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。