クルマ好きの視点でロンドンオリンピックを感じよう!〜ロンドンタクシー試乗記

現在オリンピックが開催されている英国・ロンドン。名物といえばロンドンタクシーが思い浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はこのロンドンタクシー、日本でも購入することができます。

東京都新宿区にある岩本モータース有限会社が日本総輸入代理店を務めています。

現在のロンドンタクシー(←これがブランドネーム)は正式名称「London Taxi TX4」と呼ばれ、中国の自動車メーカー「GEELY」の子会社として中国で生産されています。

バネ収納の座席、防犯の為の運転席と客席を隔てるセキュリティボード(小さい穴があってそこで運賃を支払う)
乗客優先なので運転席は若干窮屈でシートの調整があまりできない

乗車人数は前1人、後5人の6人乗りが基本となります。助手席がないのは後部の5人乗り設計したことによってトランクが犠牲となったため、助手席のスペースが代わりとなりました(オプションで助手席を追加することができるそうです)。

車椅子用のスロープが標準装備されています。またトランクに延長スロープも用意されており、スロープの傾斜を軽減する為に使われます。

エンジンは三菱の2.4L 直列4気筒SOHCが搭載されており1900kgのボディを軽快に加速させます。ミッションは5MT/5ATが用意されています。

このロンドンタクシーは自家用車として購入することもできますし、またリゾートホテル等が送迎車として利用しているそうです。ボディ上部の「TAXI」ランプは装着する/しないを選択することができます。

今回、後部座席の試乗だったのですが日本のタクシーより明らかにスペースはあるのですが、お尻の感じは日本のタクシーの方が…そこはクッションなどで十分改善はできますね。しかし作りは耐久性を徹底したものとなっていました。

368万円からオーダーを受け付けているとのことですが、5ATは納期に時間がかかるそうです。興味を持たれた方は是非。

■ロンドンタクシー公式サイト
http://londontaxi.jp 

■岩本モータース有限会社
http://www.kurumayayuji.com/

(栗原 淳)

【写真ギャラリーをご覧になりたい方はこちら】https://clicccar.com/?p=184689

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事