国交省、PR上手になります! 「広報戦略室」を設置

認可や規制など自動車関連の行政といえば印象深い国土交通省ですが、交通行政だけでなく、観光、海上保安、気象などを展開しています。また、少子高齢化、地球温暖化、グローバル化など、社会・経済情勢の変化に対応した新しい政策課題にも取り組んでいるそうです。

こうした取り組みについて効果的に情報発信を行なうべく、広報を戦略的に実施していくことにしたそうです。

ホームページの改良ほか、ツイッターやフェイスブックといったSNSも活用していくという新広報戦略。国土交通省から、よりわかりやすい情報が発信されることに期待しましょう。

■国交省、PR上手になります! ~広報戦略強化のため、「広報戦略室」を設置( 国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo01_hh_000055.html

(山本晋也)

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。