「モリゾーきたる!!」86&BRZラインオフ式を実施「本格生産開始」

富士重工業の群馬製作所本工場(群馬県太田市)にてスバルBRZ&トヨタ86の本格量産を開始したことから、同社は本日、ラインオフ式を行いました。

話題のクルマだけあってか式典にはトヨタのモリゾーこと豊田章男社長をはじめ多くの関係者が参加しました。
その豊田社長は、「新型車の開発から生産準備、販売準備に携わってこられた、富士重工業の皆さまをはじめ、すべての方々のご尽力に、心より感謝申し上げます。スバルBRZとトヨタ86は、富士重さんとトヨタでなければ、実現しなかったクルマであり、“もっといいクルマをつくる”ために始めた提携が、確実に実を結んだことを本当に嬉しく思っています」とスピーチ。

またスバル吉永泰之社長は、「このクルマは当社の企業戦略において2 つの特別な意味を持っています。1 つ目は、トヨタさんとのアライアンスの進展であり、2 つ目は“選択と集中”戦略の進展です。本日の生産開始は一つの大きなステップですが、決してゴールではありません。トヨタ、スバルそれぞれで、絶え間なく磨き続け、長くお客様に愛され続けるモデルとして育てていきたい。」と述べました。

国内でいま一番注目されていることは間違いない両車の販売はまもなくです。

【トヨタ86・スバルBRZ関連リンク】トヨタ86・スバルBRZまとめ

【クリッカー編集部】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事