自然と戯れるキャンプならエネルギーは太陽光発電で楽しみたい、が現実的に見えてきます【ジャパンキャンピングカーショー2012】

幕張メッセで行われている「ジャパンキャンピングカーショー2012」会場でひときわ目立っていたのがこのパネル群。
実はコレ、車載専用に設計されたソーラーパネルなんです。

キャンピングカーメーカーのTOY-FACTORYが出展していたこのソーラーパネルは、ルーフに取り付けても違和感のないデザインを心がけただけでなく、車載専用だからこその工夫も随所に施されているのです。


(装着状態:ルーフ後端にソーラーパネルが装着されています)

例えば塩害対策や耐風圧性や破損時の飛散防止対策、さらに耐震・高耐久性とまさに専用設計。
パネルに関しても 電気大手のシャープとタッグを組むことで、高効率の充電を可能にしているというわけ。
さらにグッドデザイン賞も受賞しているから、そのデザイン性は折り紙付き。

ソーラーパネルで発電してメインやサブバッテリーを充電すれば、走行や車内電力はこれで賄えるうえ、蓄えた電力はもしもの時には非常電源としても活用できます。

自然の中でエンジン式発電機を使うのではなく、CO2排出ゼロのクリーン発電でエコキャンプを楽しむってのは、これからのキャンプの定番というわけです。

(渡辺大輔)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事