BMWからMINI初の2シーター、MINI「クーペ」登場!

海外メディアによると、BMWが間もなく発売するとされるMINI初の2シーター「MINIクーペ」の概要を発表 したようです。

2009年のフランクフルト・モーターショーで発表されたコンセプトカー「MINI クーペ・コンセプト」の量産版で、リアデッキを持つ3ボックススタイルとなっており、フロント・ウインドシールドが大きく寝かせられています。 市販モデルはリアピラー廻りがリファインされているのが判ります。

http://www.autoblog.com/2011/06/06/mini-coupe-prototype-teased-full-engine-lineup-revealed/

ボディサイズは現行型とほぼ同様ですが、全長が約10㎜短く、全高が約50㎜も低くなっている模様。 ルーフ後端はルーフスポイラーとなっており、トランクリッドに 80km/h以上で立ち上がるアクティブ・リアスポイラーも装備しているそうです。

搭載されるガソリン・エンジンは3種類で、グレード構成とそれぞれの性能は以下のとおり。

クーパー・ クーペ   122ps/6000rpm  0-100km/h加速 9.0秒 最高速度 204km/h

クーパーS クーペ   184ps/5500rpm  0-100km/h加速 6.9秒 最高速度 230km/h

JCW クーペ      211ps/6000rpm  0-100km/h加速 6.4秒 最高速度 240km/h

ミッションは6速MTと6速ATで、 DSC、DTCを標準装備。EDLC(エレクトロニック・ディファレンシャル・ロック・コントロール)がOPTで用意される模様。(JCWクーペは標準)

詳細はまだ不明ですが、噂によると日本価格はクーパー・クーペが300万円台後半~、クーパーS クーペが400万円程度になるそうです。

(Avanti Yasunori )

【画像がすべて見られない方は】 https://clicccar.com/32196

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。