名取の状況は言葉になりません【東北関東大震災ルポ】

仙台にあるアルミホイールやLEDライト、そしてメッキパーツなどを販売するミヤマさんの被害状況や、ラグ系などで有名な女性ペインターのA-HANDアヤさんの命からがら津波かの難を逃れたお話をお聞きし(その様子は後ほど)、仙台から海沿いに南へ向かいます。

仙台東部道路は路面が荒れていたり、壁が倒れそうな部分もありますが、通行可能です。

車窓から道路の海側を見ていると、急に開けた部分がありました。

名取インターで降りてみました。

言葉がありません。

焼け野原という言葉はありますが、すべてが流されてしまった状態はなんというのでしょう。

家があったようなところは瓦礫が広がっています。

クルマがいろんなところにゴロゴロしているのも、陸上で船を見かけるのも当たり前になってきました。

家のカタチをしていても、中には人が居られるような状態ではありません。

どうしたらこうなるのか、頭の中の理解を超えてしまいます。

そして、この結果を見せられても、自分が生きている時代に現実に起きたこととは、とても信じらることができません。