大津漁港の惨状【東北関東大震災】

国道6号線をグリーンのフィットハイブリットで北上しています。

茨城県と福島県の県境にある大津漁港へ立ち寄りました。ここの漁港は民家が隣接していて、小規模な港町を形成しています。この住宅地に津波が押し寄せ、町は壊滅的な惨状です。

漁協の時計は地震の起きた2時49分で止まっていました。沈没した船、陸地に横たわる船が手をつけられずに放置されています。倒壊した住宅が続く一角で、普段おしゃべりなボク達でさえ、お互い言葉を発することなく、ただ目の前の光景に狼狽するばかりでした。

 

この先いわき市に入ります。そろそろ昼食の時間ですが、営業しているお店はあるのでしょうか?

(テングダンディ)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事