【ノスタルジック2デイズ】40代のための刺さるクルマその④白いクラウンに「白いクラウン」と書いてある理由は?

「白いクラウン」ってわかりますか?

これって単にボディカラーと車種を表してるんではないんです。

いわゆる型式まで表現しているんです。

1967年に登場した3代目クラウンMS50系のクラウンのことを指してます。

それまでの乗用車って、ほぼほとんどが黒だったらしく、かつ、運転手付きというのがかなりの数だったそうで、そういうイメージをぬぐい去るため、トヨタとしては白いクラウンキャンペーンをやったことから、のちのちにもその型式を「白いクラウン」と呼ぶようになったらしいです。

なので、このようにクルマの解説に「白いクラウン」と書かれてもちっともおかしくないわけですね。

で、このクルマはさらにパーソナルユースを狙った2ドアハードトップモデル。とってもお金持ちな雰囲気プンプんです。

フェンダーミラーなんかも、フツウはメッキの薄いものが主流でしたが、キチンとカバーされてオシャレです。

ちょっと変わったクルマが欲しいな、というひとにはオススメですね。

(小林和久)