ドリフトで魅せる、レクサスISのテレビCF【動画】

いつからなんでしょうか、クルマのカッコよさをストレートに表現するテレビCFを日本で見かけることがめっきり少なくなってしまったのは。しかし海の向こうの北米では、燃費でも環境でもなく、クルマのカッコよさをシンプルに表現することが少なくないみたいです。

たとえば2011年モデルのレクサスIS。

 

日本においてのレクサスのテレビCFは知的なイメージですが、北米では迫力のドリフトで走りの爽快感をアピール。ライバル車の間をドリフトで駆け抜けるあたり、シャレが効いていますね。

 

(工藤貴宏)

この記事の著者

工藤貴宏

工藤貴宏 近影
1976年長野県生まれ。自動車雑誌編集部や編集プロダクションを経てフリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジンのマツダCX-5。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。