ミニ限定車「MINI Convertible Seaside Edition」は、南の海をイメージしたコーディネイトが魅力

■こだわりのカラーコーディネイト、ディテールを享受できる180台限定車

Bセグメントの貴重なコンバーチブルモデルであるMINIコンバーチブル。

2023年4月20日(木)に「MINI Convertible Seaside Edition(コンバーチブル・シーサイド・エディション)」が発売されました。180台限定で、デリバリー開始は同年4月下旬以降の見込みです。

限定車「MINI Convertible Seaside Edition」の走行シーン
限定車「MINI Convertible Seaside Edition」の走行シーン

ベース車はスポーティなクーパーSコンバーチブル。専用ボディカラーの「カリビアンアクア」がペイントされています。南の海をイメージし、随所にホワイトの加飾が用意されています。

加えて、MINIコンバーチブルの誕生30周年を記念し、「30」をモチーフとしたグラフィック、Seasideのレタリングなどのアニバーサリーデザインも採用されていて、オーナーの所有欲をくすぐりそう。

「MINI Convertible Seaside Edition」のリヤビュー
「MINI Convertible Seaside Edition」のリヤビュー

エクステリアを詳しくチェックすると、人気ボディカラーである「カリビアンアクア」を専用色として採用されているのをはじめ、標準のクロームパーツがすべてホワイトで加飾されていて、ブルーとホワイトのコーディネイトが目を惹きます。

また、ボディサイドにホワイトのダブルストライプが施され、南の海をイメージしたという「カリビアンアクア」との明るいコントラストが、MINIコンバーチブルの開放的な雰囲気を高めています。

専用アルミホイールやライトブルーとダークブルーのなグラフィックを用意
専用アルミホイールやライトブルーとダークブルーのなグラフィックを用意

フロントバンパーとサイドスカットルには、コンバーチブル発売30周年を意味する「30」をモチーフとしたライトブルーとダークブルーのユニークなグラフィックを配置。サイドスカットルには「Seaside」のレタリングが施されるなどの専用デザインが多数用意されています。

足元には、海の波の動きを連想させるデザインの18インチ「パルススポーク2トーン」が備わり、同限定車専用意匠のフローティングホイールキャップも見どころ。

限定車「MINI Convertible Seaside Edition」のインテリア
限定車「MINI Convertible Seaside Edition」のインテリア

インテリアでは、エクステリアのトーンに合わせた、明るい雰囲気の「レザーチェスターサテライトグレー」シートが目を惹きます(レザークロスパンチカーボンブラックの選択も可能)。高い快適性はもちろん、ソフトトップを開けた際に、「カリビアンアクア」のボディカラーとの調和も楽しめます。

さらに、ナッパレザー製ステアリングのスポーク下部とドアシルに、オレンジの「Seaside」のレタリング、エクステリアのステッカーと同様のホワイトダブルストライプデザインが配されていて、外観との一体感を抱かせる仕立てになっています。

「レザーチェスターサテライトグレー」のシート
「レザーチェスターサテライトグレー」のシート

インテリアサーフェスには、コンバーチブル発売30周年を記念した「30 years of Convertible」のアニバーサリーデザインも用意。フロアマットにも専用のグラフィックバッジが入っているほか、キーキャップには、ブルーを基調とした波のグラフィックパターンが施されるなど、ディテールまで徹底したこだわりが貫かれています。

●価格:515万円

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘 近影

塚田勝弘

1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年・・・