新型C-HRか? トヨタがコンセプトモデル「C-HRプロローグ」を世界初公開

■フルLEDヘッドライトを備える「ハンマーヘッド」スタイルのノーズを採用

トヨタは、人気コンパクトクロスオーバーSUV「C-HR」次期型を示唆するコンセプトカー「C-HRプロローグ」を世界初公開しました。

トヨタ C-HR プロローグ コンセプトカー。サイドビュー
トヨタ C-HR プロローグ コンセプトカー

コンセプトカーは、南フランスに存在するトヨタ欧州デザイン部門の「ED2」で設計されたといいます。

現行型「C-HR」と比較すると、オーバーハングを切り詰め、大径ホイールを装着するほか、リアウィンドウの傾斜が強くなるなど、スポーティさが向上している様子がうかがえます。

フロントエンドでは、フルLEDヘッドライトを備える「ハンマーヘッド」スタイルのノーズを採用。「クラウン」や「プリウス」など、トヨタブランド最新のデザインアイデンティティが見てとれます。バンパーには空力特性を向上させるために、大きなインテークを囲む黒いコンポーネントを装備しているのが確認できます。

トヨタ C-HR プロローグ コンセプトカー。フロントノーズ
トヨタ C-HR プロローグ コンセプトカー

側面では、フロントフェンダーに向かい三角形のガラスが極小化し、ポップアップドアハンドルやデジタルミラーも採用しています。またその後ろでは、リアクォーターパネルとCピラーが強調されていることがわかります。

リアエンドでは、LEDテールライトの外側の角に後部ドアハンドルがあるように見えるほか、LEDライトバー、かなり大型の特徴的なディフューザーも見られます。

トヨタ C-HR プロローグ コンセプトカー。リヤビュー
トヨタ C-HR プロローグ コンセプトカー

C-HR次期型のプラットフォームとパワートレインに関する詳細は明かされていませんが、おそらく「TNGA-C」アーキテクチャを採用、ハイブリッドに加えプラグインハイブリッドの設定が発表されており、RAV4とプリウスに続き、ヨーロッパでのトヨタ3番目のPHEV製品となります。

C-HR次期型のワールドプレミアは、2023年内が有力です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?