3年振りに開催された「ホンダレーシング・サンクスデー2022」に2輪&4輪最高峰のマシン&ドライバーが集結!

■来てくれてありがとうマックス! 思い出をありがとうピエール!

2022年11月27日(日)、栃木県にあるモビリティランドもてぎで「ホンダレーシングサンクスデー」が3年振りに開催され、1万9800人のホンダファンが来場しました。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_23
ライダー&ドライバーと倉石ホンダ会長と渡辺WRC社長とのフォトセッション

朝のうちは深い霧と静寂に包まれていましたが、イベント開始の30分前から霧も晴れ、エンジン音がサーキットに響き渡る頃には真っ青な晴天に恵まれました。

ホンダレーシングサンクスデー2022というイベントは、国内外で活躍するホンダの2輪ライダーや4輪ドライバーが、モビリティリゾートもてぎに一堂に介するという、ホンダでしかできない夢の競演です。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_07
F1ドライバーの4人。このショットは今年が最後か

当日は、1週間前にF1の全日程を終え、ドライバー&コンストラクターの2冠に輝いたオラクルレッドブルレーシングから、マックス・フェルスタッペン選手とセルジオ・ペレス選手。スクーデリアアルファタウリからは、日本人唯一のF1ドライバーである角田裕毅選手、そして今シーズンでチームを離れるピエール・ガスリー選手の全ホンダ系F1ドライバーが参加。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_01
最高峰クラス、MoToGPライダーのマルク・マルケス選手と中上貴晶選手

また、2輪の最高峰レースであるMoToGPからは、来シーズンこそケガからの完全復活を狙うレプソルホンダチームのマルク・マルケス選手。そしてLCRホンダイデミツチームの中上貴晶選手が参加しました。

●大迫力のサーキットサファリ

ホンダレーシングサンクスデーは、観客がバスに乗ってレーシングコースを走行中に2輪や4輪のレーシングカーが、その横を走行するサーキットサファリから幕を開けました。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_19
レース中とは異なり、笑顔を見せる角田選手

大きなバスの横をレーシングカーが抜いて行くシーンは、普段のサーキットでは見られない光景です。

そして同時に、観客が普段入ることのできないピットに入れるピットウォークを開催。2輪/4輪のホンダのレーシングカーを間近で見ることができるだけでなく、スーパーフォーミュラのチームがタイヤ交換のデモンストレーションを行い、その素早い作業に拍手が起きていました。

●F1ドライバー先導のパレードランも

ホンダレーシングサンクスデイ2022_05
マルク・マルケスを先頭にCBRがパレードを行った。
ホンダレーシングサンクスデイ2022_18
TYPE R Happy 30TH Birthday オーナーズパレードの先導者にはF1ドライバーが乗車した

ロードコースでは、最初にCBR Fireblade 30th Anniversary オーナーズパレードと、TYPE R Happy 30TH Birthday オーナーズパレードが開催されました。

CBR Fireblade 30th Anniversary オーナーズパレードでは、CBRに乗るマルク・マルケス選手が先導。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_20
様々なタイプRがロードコースを埋め尽くした

そして、TYPE R Happy 30TH Birthday オーナーズパレードは、4台のタイプRにマックス・フェルスタッペン選手をはじめとした4人のF1ドライバーが分乗し、パレードの先頭を走りました。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_24
2年連続でチャンピオンに輝いたフェルスタッペンにはNSXタイプSがプレゼントされた

午後からは、今回のイベントに参加した全ライダーとホンダの倉石会長、HRCの渡辺社長が加わったフォトセッション。

続いて、2年連続でF1のドライバーズタイトルを獲得したマックス・フェルスタッペン選手に、「NSXタイプS」がプレゼントされました。これはサプライズだったようで、マックス・フェルスタッペン選手も「信じられない!」と喜んでいました。

●ライダー&レーサーによる大運動会!

ロードコースでは様々なイベントが開催され、今回の目玉のひとつ、ドライバーやライダーを青と赤2チームに分けて各競技でポイントを競うことに。

スーパーフォーミュラ頂点バトルでは、スタンド前のストレートを走り、ピットインしてタイヤ交換。そのタイヤ交換の時間を競いました。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_11
イベント中に笑顔を見せる角田選手と牧野選手

モーターサイクル混合バトルは、様々なクラスの2輪のレーシングカーがリレー形式で競争するもの。スーパーGT×市販車混合レースでは、スーパーGTのレーシングカーと現行型シビックタイプR、そしてN-ONEのカップカーを4輪のドライバーがリレー形式で競争しました。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_25
山本尚貴選手と談笑する佐藤琢磨選手のショット

F1ドライバーの角田選手が市販車の現行型シビックを運転したり、インディカーシリーズの佐藤琢磨選手がスーパーGTを運転したりするので、普段と違うクルマを運転する楽しさがあります。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_03
2021年の鈴鹿を走る予定だったマシンがもてぎを疾走
ホンダレーシングサンクスデイ2022_10
2&4パフォーマンスでは2台のRC213Vが並走した

2&4パフォーマンスでは、2輪の最高峰MoTo GPに参戦するRC213Vと、4輪の最高峰F1で使われたRB16BとAT01が競演。

なんと、RB16Bは本当ならば2021年の鈴鹿サーキットを走行する予定だったスペシャルカラーのマシン。リアウイングに書かれた「ありがとう」の文字がサンクスデーにピッタリです。

●F1マシンが目の前を全開走行!

ホンダレーシングサンクスデイ2022_28
初優勝したマシンに乗るガスリー選手

ロードコースでの最後のイベントがF1によるShowrun。ドライブするのは2年連続チャンピオンに輝いたマックス・フェルスタッペン選手と、今シーズンでアルファタウリを去るピエール・ガスリー選手。

ガスリー選手が運転するAT01は、初優勝に輝いた思い出のマシン。そのマシンに座る姿を見られるのは、最後になるかもしれません。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_15
角田選手やスタッフを一緒に記念写真を撮影するピエールガスリー

コースイン前には、チームメイトの角田選手やスタッフと一緒に記念写真を撮影。走行後にはドーナツターンを行い、もてぎに集まったファンに挨拶をしました。

この光景は多くのファンだけでなく、スタッフにもガスリー選手が愛されていたことが伝わってきました。

ホンダレーシングサンクスデイ2022_27
ファンに手を振るガスリー選手

もう100日もすれば、来シーズンのF1も開幕となります。

マルク・マルケス選手が復活してチャンピオンに返り咲き、そしてマックス・フェスルタッペン選手が3年連続チャンピオンとなって、再びもてぎに帰ってきてもらいましょう。

(文・写真:萩原 文博)

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!