データシステムから、トヨタRAV4のTV-KITが新登場。純正ナビ/ディスプレイオーディオのテレビ視聴、ナビ操作が走行中でも可能に

■切り替えタイプとビルトインタイプを設定

データシステムは、トヨタRAV4に対応するTV-KITシリーズを新たに発売しました。

RAV4は、クロカン4WDとは一線を画す乗用車型のモノコックボディを使うSUVでありながら、タフさを前面に押し出すスタイリングや、3種類の4WDを備えるほか、オフロード系ドレスアップやチューニングのベース車としても人気を集めています。

データシステム TV-KIT
トヨタRAV用のTV-KITがデータシステムから登場

今回、発売されたトヨタRAV4向けTV-KITは、同モデルに採用されている「10.5インチディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)plus」、10.5インチまたは8インチの「ディスプレイオーディオ(コネクティッドナビ対応)」に適合します。

同アイテムを装着することで、走行中でも純正ナビのテレビ視聴およびナビ操作ができるようになります。もちろん、ドライバーによる走行中の画面の注視、操作は厳禁。助手席乗員や後席のエンタテインメント、利便性を向上させます。

また、カプラーオンで装着可能であるため、車両側の配線を傷つけることなく取り付けることができます。

データシステム TV-KIT
「切り替えタイプ」「純正風スイッチ」から選べる

RAV4向けは「TTV430(切り替えタイプ)」「TTV430B-D(ビルトインタイプ)」を設定。なお、TV-KITが動作中は、ナビゲーションの自車位置が不正確になりますが、TV-KITをオフにすることで自車位置が補正されます。

DVD機能を使用するには、純正オプション「CD/DVDデッキ(ディスクプレーヤー)」の装着が必要。車両にスペアスイッチホールがない場合、すでに使用されている場合にはビルトインタイプは取り付けできません。

●適合車種:トヨタ・RAV4
●年式:令和4年10月~
●型式:AXAH52・54/AXAP54/MXAA52・54
●品番:TTV430(切り替えタイプ)/TTV430B-D(ビルトインタイプ)
●税込価格:2万1780円

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。