マツダ・ロードスターが一部改良。同時にブラウンのソフトトップがオシャレな特別仕様車「ブラウン・トップ」を設定

■テラコッタのナッパレザーシートを備えた上質なインテリア

2022年11月17日(木)、マツダ・ロードスターが一部改良を受けました。同日から予約受注を開始し、12月中旬に発売される予定になっています。

マツダ・ロードスター
特別仕様車「BROWN TOP」のエクステリア

改良の目玉は、ソフトトップモデルに特別仕様車「BROWN TOP(ブラウン・トップ)」が設定された点です。

また、上質感を抱かせるブラウンの幌(インシュレーター付)、テラコッタ(陶器などの素焼き、茶色がかったオレンジ系)のインテリアがコーディネイトされ、内外装ともにオシャレな雰囲気が漂います。

マツダ・ロードスター
「BROWN TOP」のソフトトップ

ベース車は「S Leather Package」で、ボディ同色の電動リモコン式ドアミラー(手動可倒式)、ナッパレザーシート(テラコッタ)、ドアトリム/インパネデコレーションパネル(テラコッタステッチ入り)、16インチアルミホイール(高輝度塗装)を用意。

マツダ・ロードスター
「BROWN TOP」の高輝度塗装16インチアルミホイール

なお、メーカーオプションのレイズ社製鍛造アルミホイールを選択すると、ドアミラーはブラックになります。

一部改良のメニューは、新色の採用。CX-5やCX-8などにも設定されている「ジルコンサンドメタリック」が追加され、ソフトトップモデル、リトラクタブルハードトップモデルともに、ロードスターに新しい世界観をもたらすカラーになっています。

マツダ・ロードスター
新色の「ジルコサンドメタリック」

同カラーは、アウトドアテイストを強調する色合いになっていて、ロードスターとの組み合わせは、新しい魅力的な選択肢になりそうです。ロードスターでは、ビンテージ調になり、そのスポーティ感を高めています。

●価格帯
「マツダ・ロードスター」:268万9500円〜342万2100円
「マツダ・ロードスター RF」:352万7700円〜398万8600円

(文:塚田 勝弘/ 写真:小林 和久)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。