三菱「ASX(日本名RVR)」登場!「ダイナミックシールド」マスクを採用したルノー キャプチャーのOEM

■プラグインハイブリッド仕様、ハイブリッド仕様、直噴ガソリンターボ仕様を設定

2022年9月21日(水)、三菱自動車は、ヨーロッパ向けの新型コンパクトSUV「ASX(日本名RVR)」をオンライン発表会でワールドプレミアしました。写真を見ると、ルノー キャプチャーそっくりです。

三菱ASX
三菱自動車の欧州向け新型ASX(日本名RVR)

それもそのはず、コンパクトSUVの「ASX」はグローバルに幅広く展開する同社の主力モデルで、ヨーロッパには2010年に投入されていました。

今回、アライアンスパートナーであるルノーからヨーロッパ向けにOEM供給を受ける新型ASXは、ルノー・日産・三菱自動車アライアンスによる「CMF-B」プラットフォームが採用されたコンパクトSUV。生産工場は、スペインのルノー社バリャドリード工場。

2023年3月から三菱自動車の販売ネットワークを通じて、欧州の一部市場で販売が開始されます。

三菱ASX
新型ASXのフロントマスク

新型ASXは、フロントからリヤに流れるようなシルエットが印象的で、同時に、後方に向かって切れ上がるキャラクターラインとフローティングルーフによるダイナミックなスタイルが特徴です。

単なるバッジエンジニアリングではないようで、フロントマスクは三菱のデザインコンセプト「ダイナミックシールド」が採用されています。

上部にスリーダイヤが配されたフロントグリルにより力強さを演出。また、ボディサイドを絞り込み、ショルダーを張り出すことで、ワイド感と走りの良さを予感させるサイドビューになっています。

ルノー キャプチャー
こちらはルノー キャプチャーのエクステリア

リヤは、キャプチャーと同様に「コ」の字型のテールランプが採用されていて、フロントマスクほどの差は感じさせません。

欧州向けの新型ASXには、複数のパワートレインが設定されています。

・1.6Lガソリンエンジンに、駆動用と発電用の2つのモーター、マルチモードの自動変速機と10.5kWhの駆動用バッテリーが組み合わされたプラグインハイブリッドEV(PHEV)
・1.6Lガソリンエンジンに、駆動用と発電用の2つのモーター、マルチモードの自動変速機と1.3kWhの駆動用バッテリーを組み合わせたハイブリッド仕様
・1.3L直噴ガソリンターボと6速MT、もしくは7速ダブルクラッチオートマチックトランスミッションが組み合わされたマイルドハイブリッドモデル
・1.0Lガソリンターボエンジンと6速MTの組み合わせになるガソリンエンジン仕様

と、多彩なラインナップになっています。

ルノー キャプチャー
ルノー キャプチャーのリヤビュー

使い勝手も良好で、スライド式リヤシートと広いラゲッジによる高い積載性を備えています。さらに、インパネの中央に、スマホ連携ディスプレイオーディオ(SDA)が配置され、ディスプレイ上から好みに合わせたドライブモードを選択することができる「マルチセンス」システムも用意されています。

三菱ASX
三菱自動車の新型ASXのインパネ。ステアリングに三菱のエンブレムが付く

また、「レーダークルーズコントロールシステム(ACC)」と車線維持支援機能を組み合わせた高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」をはじめとした先進運転支援システムが搭載されていて、高い安全性能、ドライバーサポート機能も備えています。

三菱ASX
新型ASXのエクステリア

日本向けのRVRは、2010年登場の3代目でかなりの長寿命モデルになっています。日本向けもキャプチャーのOEM版になるのか、独自開発の新型に移行するのか、あるいは廃止になるのか分かりませんが、動向が気になります。

(塚田 勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。