ランボルギーニ ウラカン「ステラート」市販型、ウラカンシリーズ最後のV10搭載へ

■自然吸気の5.2リットルV型10気筒エンジンで640馬力

ランボルギーニは8月、クロスオーバーSUV「ウルス」の高性能バージョン「ペルフォルマンテ」を初公開しましたが、その次と見られるクロスオーバー「ウラカン ステラート」市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ランボルギーニ ウラカン_003
ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型プロトタイプ

ステラートは、2019年にコンセプトカーを公開、その後何度かプロトタイプがスクープされ、7月には開発車両のティザーイメージが公式リリースされています。

ランボルギーニ ウラカン_009
ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型プロトタイプ

捉えたプロトタイプはほぼカモフラージュが削がれていますが、以前のプロトタイプにあったルーフレールやスキッドプレートが欠落しトーンダウンしています。

しかし、非常に小さな部分を覆う黒いテープが貼られ、フェンダーにはエクステンションを装着、足回りには20インチホイールにハイグリップのウィンタータイヤを履いているほか、1.85インチ(47mm)リフトアップされたサスペンションも確認できます。

パワートレインは、自然吸気の5.2リットルV型10気筒エンジンを搭載、最高出力640ps・最大トルク601Nm以上が予想され、これがウラカン最後のV10エンジンになると思われます。またデュアルクラッチギアボックスとAWDシステムは、オフロード性能を向上させるために調整されている可能性が高いと見られます。

ウラカン ステラートのワールドプレミアは不明ですが、2022年内と予想され、価格は24万ユーロ(約3100万円)、最新情報によると限定1000台で調整されている可能性があるといいます。いずれにしても、即完売で「億超え」のプレミアム価格となることは必至となるでしょう。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?