ホンダ「プレリュード」デビュー。4代目はバブル崩壊で人気に陰り?【今日は何の日?9月19日】

■デートカーからスポーティカーに変貌した4代目

1991(平成3)年9月19日、ホンダが4代目となる「プレリュード」を発表、翌日から発売を開始しました。2代目と3代目はデートカーとして一世を風靡しましたが、4代目はスポーティなモデルへと変貌。しかし、先代のような人気モデルにはなりませんでした。

1991年に登場した4代目プレリュード
1991年に登場した4代目プレリュード

●ホンダ初のスペシャリティカー誕生

1978年にホンダ初となるスペシャリティクーペのプレリュードが誕生しました。

1978年に誕生した初代プレリュード。地味なスタイルで人気は獲得できず
1978年に誕生した初代プレリュード。地味なスタイルで人気は獲得できず

直線基調のワイド&ローのオーソドックスなクーペスタイルを採用し、運転席周りの居住性を重視したプライベートカーの色合いが強いのが特徴でした。

パワートレインは、1.8L直4 SOHCのCVCCエンジンと5速MTおよびホンダマチックATの組み合わせ、駆動方式はホンダが得意とするFFでした。サスペンションは、前後ともマクファーソンストラットの4輪独立で、FFながらアンダーステアを抑え、コーナリングではリアから滑り出すというFRのような挙動が特徴でした。

FFながら俊敏な走りと優れたハンドリングを実現していましたが、スタイリングが地味であったためか、日本での販売は期待されたほど伸びず、むしろ米国で評価されました。

●2代目と3代目でプレリュードの人気が爆発

1982年にデビューした2代目プレリュード。スタイリッシュなスタイリングで人気を獲得
1982年にデビューした2代目プレリュード。スタイリッシュなスタイリングで人気を獲得

1982年にデビューした2代目プレリュードは、初代のコンセプトを継承しつつ、よりスタイリッシュに変貌し、ホンダ独自の新しい技術が組み込まれました。リトラクタブルヘッドライトの採用によりノーズを下げ、ワイド&ローのスポーティなスタイリングに、ホンダ自慢のハイテクを組み込んだ2代目プレリュードは、若者層を中心に空前の大ヒット。ラヴェル作曲の「ボレロ」をBGMにしたCMも話題を呼び、数ヶ月の納車待ちがでるほどの人気を獲得しました。

1987年にデビューした3代目プレリュード。デートカーとして一世を風靡する人気モデルに
1987年にデビューした3代目プレリュード。デートカーとして一世を風靡する人気モデルに

1987年には、モデルチェンジして3代目が登場。3代目は、人気のワイド&ローのスタイリングとリトラクタブルを継承しながらも、2代目にも増して最新技術を採用し、ブラッシュアップが図られました。なかでも最大のアピールポイントは、世界初を謳った4WS(4輪操舵)でした。大ヒットした2代目プレリュードに磨きをかけた3代目は、2代目を凌ぐ人気を獲得。女性にも絶大な人気のデートカーを象徴するクルマとなりました。

●スポーティカーに変貌も、バブル崩壊に翻弄された4代目

4代目プレリュード「Si VTEC」のハイパワーエンジン(2.2L DOHC VTEC16バルブ )
4代目プレリュード「Si VTEC」のハイパワーエンジン(2.2L DOHC VTEC16バルブ )

そして1991年のこの日、4代目プレリュードが登場。4代目は、それまでのデートカーとして人気のスペシャリティカーから、スポーティカーへと変貌。全車3ナンバーとし、エンジンをパワーアップしてスポーティさをアピールしました。フォルムは、基本的には先代と同じワイド&ローのクーペスタイルでしたが、2代目と3代目で採用されていたリトラクタブルヘッドライトは廃止。

パワートレインは、排気量を拡大した160PSの2.2L DOHC 16Vと200PSのVTEC仕様の2種類のエンジンと、5速MTおよび電子制御4速ATの組み合わせ。駆動方式はFFですが、先代と同様に4WSが設定されました。

コンセプトを一新してスポーティカーへと変貌した4代目。しかし、バブル全盛期に開発して、売り出したらバブルが崩壊、RVやワゴンのブームと相まってスペシャリティカーやスポーツカー市場は急速に縮小。先代までの人気がウソのように低迷してしまいました。


バブル期に一世を風靡したデートカー、プレリュード以外のソアラやシルビアもバブル崩壊や他モデルのブームで縮小してしまいました。さすがの人気モデルも手の打ちようがなかったようですね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかもしれません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。