ラリージャパンの地元・下山の子どもたちに「なつやすみラリー教室」開催。ラリーの楽しさを伝えました☆元SKE48梅本まどかのうめまど通信vol.105

■「ラリーってなぁに?」ラリージャパン開催地の子どもたちにラリー教室開催

●2022年11月10日(木)~13日(日)「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」開催まで、あと2ヵ月

8月24日(水)に豊田市下山保健福祉センターまどいの丘で、「なつやすみラリー教室2022」が行われました。

梅本まどか
みんな実車に興味津々です

「下山」といえば! 去年のTGRラリーチャレンジでトヨタのテストコースを走った、あの下山!!!

また「豊田しもやまラリー」では、サービスパークとして使用された場所の、しもやま保健福祉センター「まどいの丘」。

ここでラリー教室を行ったのです。

ラリーを取り巻く地元の子どもたちとのラリー教室、その模様をお伝えします。

●ラリーの実車に、子どもたちは興味津々

お子様向けのラリー教室を行うということで、アールエスタケダの武田監督からお声がけ頂き、全日本ラリー選手権にトヨタGAZOOレーシングのコ・ドライバーとして参戦されていて、アールエスタケダのクラブ員でもある安藤裕一選手と一緒に、講師として参加させて頂きました。

前回、豊田市の小学校では「2分の1成人式」ということで特別授業をさせて頂いたのですが、その時はみんな同じ学年の子どもたちに向けて、でした。

今回は小学生とはいえ年齢もいろいろ。どれくらいラリーやクルマが好きなのだろうか?と思いながらも、それは分からない状態でしたので、始まる前はちょっとドキドキしていました。

梅本まどか
武田監督と安藤選手のお話中

教室会場には30名の子どもたちが集まってくれました。

最初に武田監督から「ラリーってなぁに?」の冊子を使いながら、ラリーはどういう競技なのか、動画なども見てもらいながら説明があり、その後、安藤選手→私がラリーで経験したことや伝えたいことをお話させて頂きました!

集まった子どもたちはみんな豊田市の下山に住んでいるのですが、ラリーが行われている事を知らなかったという子が多く、正直驚きました。

ひとりだけいた「サーキットに行った事がある!」というモータースポーツ好きな男の子から、ラリーを知りたいと思ってくれて来てくれた子たちまで、知識も年齢もバラバラ。

ですが、みんな実車をみると「乗りたい♪」って言ってくれたり、「これなに?」と、付いてるボタンに興味津々。

そんな姿が凄く印象的でした!

●地元を背負って走る安藤選手のラリー愛に感激♪

安藤選手のお話を聞いたのは今回初めてだったのですが、安藤選手は地元が豊田市。

セントラルラリー2021の時も地元を走るということで、いろんな道の情報を教えて下さったり、リエゾン(SS[スペシャルステージ]とSSまでの移動区間)で通る道の側に立っている家にバナーが飾ってあり、地元に愛されている選手だなと思っていました。

安藤選手はこの日のお話の中で、「地元の道をトヨタのマシンで選手として走れている事が凄く嬉しい」と仰っていて、そういう嬉しさやいろんな物を背負って走られていたんだなと感じ、お話を聞いていてジーンとくるものがありました。

実は、安藤選手は中部地区のラリーイベント参戦や教室なども行われているくらい、ラリー周知に凄い力を入れて、いろんな活動をされているんです。

梅本まどか
動画を見ている様子

私はまだ参加できていないイベントもあり凄く気になっていたので、こんなにラリー愛の熱い方の授業を、私も子どもたちと一緒に聞かせて頂けて参考になりました!

私の話は、アイドルからなぜコ・ドライバーになったのか、ラリーの楽しさ、豊田という場所でラリーができること、などのお話をさせて頂きました。

安藤選手のお話にもありましたが、来てくれた子どもたちみんなが知っている場所でラリーが行われている事を知り「え? あそこで走ってるの?」という表情でお話を聞いてくれていて、ちょっとでも見てみたいなと思ってもらえていたら嬉しいな!と思いました。

梅本まどか
武田監督です

また武田監督から、せっかくだからと、ダンロップさんのタオルを賭けたジャンケン大会も行われたのですが、みんなが「欲しい!!」と、勢いよく立ち上がって喜んでいくれていたのも印象に残っています!

最後には、下山SSを走行するトヨタのマシンの缶バッチのプレゼントもありました!

梅本まどか
マシンに乗る子と順番待ちをする子どもたち

みんな嬉しそうに貰いに行っていたのですが、マシンに触れた時の笑顔やスタッフさんを質問攻めにするくらい興味を持ってくれたこと、ちょっと照れながらもヘルメットを被り嬉しそうに写真を撮ったり、そんな姿が見られて、今回も参加させて頂けて良かったなと感じました。

●私ももっともっと、ラリーの魅力を広めていきたい

それと同時に、まだまだ知られていない事も多いんだな…と今回感じたので、11月10日(木)~13日(日)に行われる「フォーラムエイト・ラリージャパン2022」までに、「WRCが日本に来るんだよ!」「ラリーってこんな競技なんだよ!」ということを、年齢性別問わず、いろんな方に知って頂けるように、興味を持って頂けるように、広めていきたいなとも思いました。

梅本 まどか

この記事の著者

梅本まどか

梅本まどか 近影
「鈴鹿2&4」レースをSKE48のメンバーとしてPRさせて頂いた事をきっかけにスーパーフォーミュラやF1観戦にハマり、今はオンからオフまで様々なモータースポーツを観ること・ツーリング・ドライブが趣味です!愛車はトヨタ86/CB400SF。アイドル卒業後は名古屋を拠点にタレントとして活動しながら全日本ラリーにコ・ドライバーとして参戦。ラリー歴5年目のひよっこコ・ドライバーとして経験した事やイベント、愛車の話しなど「うめまど通信」で感じた事や裏話を書かせて頂いています!