ルノー キャプチャーに輸入車唯一のフルハイブリッドシステム「E-TECH HYBRID」搭載モデルが追加

■輸入SUVトップのWLTCモード燃費22.8km/Lを達成

2022年8月25日(木)、ルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」に、フルハイブリッドの「E-TECH HYBRID」が加わりました。輸入車唯一のフルハイブリッドとなるこの「E-TECH HYBRID」は、クロスオーバーSUVのアルカナ、Bセグメントハッチバックのルーテシアに続く第3弾になります。

ルノー キャプチャー
キャプチャーに追加されたフルハイブリッドのE-TECH HYBRID

試乗記は別の記事でご紹介し、今回は概要をお届けします。

駆動を担うメインモーター、HSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)という2モーターを搭載し、1.6L 4気筒エンジンとをつなぐ電子制御式ドッグクラッチという組み合わせは、アルカナ、ルーテシアと同じ。

メインモーターは、36kW(49PS)/205Nm、HSGは15kW(20PS)/50Nmというスペックで、1.6Lエンジンは、69kW(94PS)/148Nmというアウトプット。

ルノー キャプチャー
E-TECH HYBRIDに搭載される1.6L NAエンジン

気になるWLTCモード燃費は輸入SUVトップの22.8km/Lを達成しています。100%モーター駆動で発進し、後退時にモーターを使うのもアルカナ、ルーテシアと同じで、高い静粛性、スムーズな変速フィールを享受できます。

街中であればその多くをモーター駆動でまかなうほか、頻繁にエンジン始動とモーター駆動が切り替わり、状況によってはハイブリッド走行や100km/h走行時でもモーター駆動のみとなる場合もあります。

ルノー キャプチャー
キャプチャーに追加された「E-TECH HYBRID」

なお、キャプチャーのE-TECH HYBRIDには「リヤクロストラフィックアラート」「10.2インチフルデジタルインストゥルメントパネル」が備わり、リヤゲートやシフトベースに「E-TECH」ロゴが配されます。また、オプションで運転席電動調整機能付レザーシートの「レザーパック」も設定。

ルノー キャプチャー
キャプチャー「E-TECH HYBRID」のインパネ

ボディカラーは、専用色の「ノワール エトワール・メタリック」など全5色展開となっています。

●価格
「ルノー キャプチャー E-TECH HYBRID」:374万円
「ルノー キャプチャー E-TECH HYBRID レザーパック」:389万円

(文:塚田 勝弘/写真:小林和久)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。