フィアット500Xに初のカブリオレ仕様となる100台限定車の「500X Infinito(インフィニート)」を設定

■ワンタッチでルーフを操作できる希少な100台限定モデル

2022年8月2日(火)、フィアットのコンパクトSUV「500X(チンクエチェントエックス)」に、カブリオレ仕様の100台限定車「500X Infinito(インフィニート)」が設定され、同年8月27日(土)に発売されます。同限定車は、日本初導入のカブリオレで、ワンタッチでルーフを開閉できます。

フィアット500X
500X初のカブリオレモデル「500X Infinito(インフィニート)」

「500X Infinito」の車名には、屋根が大きく開き、自然と一体となる喜びが得られることから、イタリア語で「無限」という意味を持つ「Infinito」(インフィニート)が使われています。

「500X Infinito」は、ルーフ一面に広がる大開口のオープントップルーフが特別装備され、いつでも気軽にオープンエアドライブが楽しめます。ルーフの開閉を担う電動開閉式ソフトトップは、車内からワンタッチで操作可能。また、ソフトトップはブルー仕上げになっていて、ジェラートホワイトのボディとの鮮やかなコントラストも楽しめます。

フィアット500X
こちらはカタログモデルの500X

そのほか、カタログモデルの「500X Cross」に準じたブラックのレザーシート、8ウェイパワーシート、シートヒーター、デュアルゾーン式フルオートエアコン、アダプティブクルーズコントロール(ACC)、7インチタッチパネルモニター付のオーディオプレイヤー(Apple CarPlay、Android Auto対応)など、快適装備も充実。

さらに、走行中に車線から逸脱しそうになると注意を促す「レーンディパーチャーウォーニング」、ミラーの死角にある車両の存在を知らせる「ブラインドスポットモニター」、後退時に左右方向から接近する車両の存在を警告する「リヤクロスパスディテクション」や「リヤパーキングカメラ」などの先進安全装備も用意されています。

コンパクトクロスオーバーSUVとして、街中でも使いやすい機動力や実用性の高さを備えながら、オープンエアドライブも楽しめる「500X Infinito」。数あるSUVの中でもほかにはない個性的を享受できます。

●ボディサイズ:全長4280×全幅1795×全高1610mm

●価格:398万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。