日産リーフにスポーツモデル「リーフNISMO」登場。7番目のNISMOシリーズは初のEVモデル【今日は何の日?7月31日】

■EVながらスポーティさをアピールするリーフNISMO

2018(平成30)年7月31日、EVのパイオニアとして人気の日産「リーフ」にスポーツモデル「リーフNISMO」が設定されました。NISMO(ニスモ)のロードカーシリーズは、2013年に登場した第1弾「ジュークNISMO」に始まり、リーフNISMOは第7弾になります。リーフNISMOの登場で、日産のラインナップにスポーティさをアピールするEVが加わりました。

2018年にデビューしたスポーツモデルのリーフNISMO
2018年にデビューしたスポーツモデルのリーフNISMO

●NISMOは、日産直轄のモータースポーツ専門会社

NISMOは、「ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社」の略称です。1984年に、日産のワークスチームのひとつであった大森ワークスを子会社化して設立されました。

NISMOシリーズ第1弾として2013年にデビューしたジュークNISMO
NISMOシリーズ第1弾として2013年にデビューしたジュークNISMO

NISMOは、日産のワークスチームとして国内外のモータースポーツに参戦し、数々のタイトルを獲得。また、そのレースで培った技術とノウハウを生かして、市販用のチューニングパーツを開発・販売し、さらに市販車をチューンナップしたコンプリートカーを、NISMOシリーズとして販売しています。

NISMOシリーズは、2013年にデビューした「ジュークNISMO」以降、「マーチNISMO」「ノートNISMO」「フェアレディZ NISMO」「GT-R NISMO」「セレナNISMO」と続き、リーフNISMOは第7弾になります。

●EVのパイオニアとして進化を続ける日産リーフ

リーフNISMOのベースであるリーフは、2010年に本格的な量産電気自動車としてデビューしました。

2017年発売の2代目リーフ。リチウムイン電池の容量が24kWhから40kWhに増大
2017年発売の2代目リーフ。リチウムイン電池の容量が24kWhから40kWhに増大

フロントに最高出力80kW/最大トルク280Nmを発生する駆動モーター、床下には容量24kWhのリチウムイオン電池を搭載して、EVらしいレスポンスに優れた走りと満充電時の航続距離200km(JC08モード)を達成。当初は、航続距離が200kmでは短いという声が聞かれましたが、その後バッテリー容量を40kWhに増やすなどの改良を重ねて、現在はWLTCモードで322km(バッテリー62kWhの「リーフe+」は、458km)まで向上しています。

●環境にやさしいEVとNISMOのスポーツスピリットが合体

2018年、環境にやさしい電気自動車リーフにも、スポーティさをアピールするリーフNISMOが登場しました。

リーフNISMOのアイコニックな加飾が施されたインテリア
リーフNISMOのアイコニックな加飾が施されたインテリア
リーフNISMOのフロントマスク
リーフNISMOのフロントマスク

2代目リーフをベースに、エクステリアは専用のレイヤードダブルウィングやフロントグリル、前後バンパー、ドアミラー、18インチホイールなどを装備、インテリアにも随所にNISMOのアイコニックカラーの加飾が施されました。

走行性能については、専用のハイグリップタイヤやサスペンションなどを採用。また走行に関する各種制御をチューンナップするなど、リーフのEVの走りにさらに一層の磨きをかけました。ちなみに車両価格は、リーフより30万円程度高く設定されています。

リーフの持つ優れた環境性能と安全技術に、NISMOのスポーツスピリットを注入したリーフNISMO。EVは「おとなしくて、つまらない」という一部のネガティブな意見を一掃する役目を担っているかもしれません。


機敏でスポーティな走りが売りのNISMOリーフですが、現在のリチウムイオン電池の容量はベースと同じ40kWhです。ベースのリーフには、バッテリー容量62kWh搭載のパワフルな「e+」グレードがあります。こちらのNISMOバージョンの登場も期待したいですね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。