ベントレー コンチネンタルGTに初のPHEV登場。目玉は700馬力の電動化V8

■ポルシェ「パナメーラターボSE-ハイブリッド」からシステム移植

ベントレーは6月、「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて最強のコンチネンタルGTとなる「マリナーW12」を初公開しましたが、歴代初となるPHEVモデルを開発していることがわかりました。

ベントレー コンチネンタルGT_004
ベントレー コンチネンタルGT PHEV 開発車両

同ブランドでは、2025年に初のフルエレクトリックモデルを発売、2030年までにはEVモデルのみを販売する計画を持っていますが、2020年終わりまでは、既存モデルのハイブリッドバージョンを展開していく予定となっています。

ベントレー コンチネンタルGT_010
ベントレー コンチネンタルGT PHEV 開発車両

捉えたプロトタイプは、カモフラージュがなくほぼフルヌード状態です。

奇妙なことに、前輪と運転席ドアの間のフロントフェンダーに「W12」エンジンバッジが見られます。リアウィンドウにはハイブリッドパワートレインを示すイエローステッカーが貼られ、左リアフェンダーには充電ポートが確認できますが、ベントレーがW12のハイブリッドバージョンを開発している可能性はほぼありません。また、フロントグリルには正方形の開口部がみられますが、おそらく運転支援技術のセンサーと思われます。

ベントレー コンチネンタルGT_006
ベントレー コンチネンタルGT PHEV 開発車両

搭載が予想される有力なパワートレインは、「ベンテイガ」や「フライングスパー」が採用する3.0リットルV型6気筒ツインターボエンジン+電気モーターで、システム合計最高出力は449psを発揮します。しかし、ライバルとなる同セグメントのメルセデス・ベンツやBMWでは、600psを発揮するため、同グループのポルシェ「パナメーラターボSE-ハイブリッド」が搭載する4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを使用した強化モデルを開発しているとも噂されています。これが実現すれば、ポルシェ同様に700ps程度を発揮するはずです。

EV航続では、メルセデス・ベンツ「S 580e」や、レンジローバーなど、最新の高級ハイブリッドが提供する70マイル(113km)と同レベルに達するのか注目されます。

コンチネンタルGTプラグインハイブリッドのワールドプレミアは、プロトタイプの状態からも2022年内に行われる可能性がありそうです。

(APOLLO)

 

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?