移動の道具だけど目的は移動でない、ヤマハ「TRITOWN(トリタウン)」は生活を豊かにし文化に貢献するヤマハらしい乗り物だった

■小型の電動モビリティだけど、ヤマハ発動機は他社と違うものを創る

イベント総合EXPOのヤマハ発動機ブース
イベント総合EXPOのヤマハ発動機ブース

小型電動立ち乗り3輪モビリティ「TRITOWN(トリタウン)」をヤマハ発動機が第9回イベント総合EXPOに出展しています。

イベント総合EXPOというイベントは、イベントに関する展示会です。3輪モビリティ「トリタウン」は一見すると2輪の電動キックボードや、自動車メーカー各社も開発するスモールパーソナルモビリティと同類のように見えますが、実は少し違っています。

キックボードやパーソナルモビリティは、歩くには少し遠かったり、移動が困難な地域や人々のためのある種「必需品」としての利用を前提としたもの。生活に役立つものなわけです。

ところが、トリタウンのコンセプトは、世界遺産などの観光地や自然公園、大きなレジャー施設などで使うことを目的に開発されています。つまり、移動が目的でなく、移動しながらその地を楽しむ、もしくは移動そのものを楽しむための乗り物というわけです。

停止時も地面に足を付かず自立できる
停止時も地面に足を付かず自立できる

そのため、誰にでも乗れる(おそらく小学校、中学年以上くらいから)とし、足をつかずとも自立することができます。2輪では景色を楽しみながら走るのは現実的でなく、止まるたびに片足を出さねばなりません。しかしトリタウンでは絶景に出くわし、サッとカメラを構える、なんて使い方をイメージできます。

それでいて、車体を傾けてコーナリングするなど、「走っても楽しめるようにできている」というのもヤマハらしいところ。これまでヤマハが転ばないバイクを目指して開発してきたLMW(Leaning Multi Wheel)テクノロジーを採用しているモビリティ。

そんなトリタウン、これまで高山市での公道や、国営越後丘陵公園でのガイドツアー、つま恋リゾート彩の里ではレンタルとしての実証実験を重ね、細部を見直すなどしての今回のイベントEXPOへの出展、展示となったわけです。

トリタウンは、生活のための移動の道具ではなく、ツーリングやコーナーを気持ちよく駆け抜け、走ることを楽しむためのバイクを作っているヤマハらしい乗り物。観光や景観を楽しむ、そんな人間ならではの文化に役立つ乗り物を創りたい、というのもヤマハらしい発想と言えそうです。

【第9回イベント総合EXPO】
開催日:2022年6月29日(水)~7月1日(金)
開場時間:10:00~18:00
会場:東京都江東区・東京ビッグサイト
主催:RX Japan株式会社(旧社名:リード エグジビション ジャパン)

[イベント総合EXPOとは]
イベント分野 日本最大の専門展。各種イベントの企画、機材、アトラクション機器、会場・施設等の事業者が出展する展示会で、イベント主催者、企画会社、レジャー・商業施設、自治体等の関係者が来場。

【ヤマハ発動機 イベント総合EXPO 出展概要】
今回は、『イベント総合EXPO』内「レジャー&アミューズメントワールド」コーナーに出展。ヤマハ発動機は、この『イベント総合EXPO』へ「TRITOWN」を出展するにあたり、新規事業「モビリティ新領域」へのチャレンジのひとつとして、レジャー施設や商業施設事業者等とのコミュニケーションから、市場における受容性や活用の可能性を確認することを目的としています。
また「TRITOWN」は、各国の法律に即した利用を前提に、2023年中の市場投入を目指しています(日本国内はクローズドエリアでの利用を行う事業者限定)。

(文・写真:クリッカー編集長 小林 和久

この記事の著者

編集長 小林和久

編集長 小林和久 近影
子供の頃から自動車に興味を持ち、それを作る側になりたくて工学部に進み、某自動車部品メーカへの就職を決めかけていたのに広い視野でクルマが見られなくなりそうだと思い辞退。他業界へ就職するも、働き出すと出身学部や理系や文系など関係ないと思い、出版社である三栄書房へ。その後、硬め柔らかめ色々な自動車雑誌を(たらい回しに?)経たおかげで、広く(浅く?)クルマの知識が身に付くことに。2010年12月のクリッカー「創刊」より編集長を務める。大きい、小さい、速い、遅いなど極端なクルマがホントは好き。