「サスティナブル」をテーマにした、ジープ・レネゲードの200台限定車「Renegade Upland 4xe」

■成約者にキャンプチェア(2脚)、ソフトマルチコンテナを贈呈

ジープ」ブランド最小SUVであるレネゲードには、同ブランド初となるプラグインハイブリッド(PHV)の「Renegade 4xe」も設定されています。

2022年6月28日(火)、200台限定車の「Renegade Upland 4xe(レネゲード・アップランド・フォー・バイ・イー)」が加わり、7月9日(土)から販売が開始されます。

ジープ・レネゲード
ジープ・レネゲードPHVの限定車「Renegade Upland 4xe」

同限定車のテーマは、サスティナビリティ。カタログモデルと同様に、ジープ史上最高の燃費性能と、伝統のオフロード性能を高次元で両立しているそう。

EV(モーター走行)としての航続可能距離は50kmで、日常の買い物や送迎程度あれば、EVとしてカバーできるはず。充電可能なPHVであるのと同時に、エンジンとモーターを併用するハイブリッドでもあるため、オフタイムのロングドライブも安心して楽しめます。

ジープ・レネゲード
ブラックアルミホイールを採用する

同限定車は「リミテッド4xe」をベースに、サスティナブルでファッション性に優れた特別装備が用意されています。

具体的には、海洋廃棄物からリサイクルされたSEAQUALの専用糸が使われたエコファブリックシートの採用がトピックス。

ジープ・レネゲード
海洋廃棄物からリサイクルされた専用糸が使われるエコファブリックシート

マリンスポーツを想起させる専用の装飾やJeepロゴの刺繍により、デザイン性の高いシート(運転席6ウェイ/助手席4ウェイマニュアル調整機構)になっています。エアコンの吹き出し口やスピーカーまわりにブロンズのアクセントが施された質感の高いインテリアも美点です。

ジープ・レネゲード
専用エンブレムやロゴを配置する

専用色が与えられたボディカラーにも注目です。澄んだ水面を想起させる専用色の「アズーマッターメタリック」にペイントされ、ブラック仕上げのルーフによりスポーティなムードを強調。

エンジンフードには「Upland」専用デカールが配され、同デカール上とフロントドアの「Renegade」バッジの下部には、「THERE IS ONLY ONE EARTH」と記されたデカールが貼付されています。

ジープ・レネゲード
エンジンフードに「Upland」専用デカールを用意する

外観にもブロンズのアクセントが効いた専用フロントグリル、グロスブラック仕上げの17インチアルミホイールとドアミラーによる精悍な佇まいも特徴です。

成約者には、オレゴン州ポートランドのライフスタイルアウトドアブランド「POLeR」社とのコラボにより生まれたサスティナブルなキャンプチェア(2脚)、ソフトマルチコンテナが購入特典として付いてきます。

キャンプチェアの収納バッグには、海洋プラスチック問題のひとつである廃漁網のリサイクル素材が一部に使われています。コンパクトに折り畳んで収納することが可能です。ソフトマルチコンテナは、内側と外側にターポリンを用いることで高い防水性を備え、クーラーボックスとしても使えます。こちらにも肩掛けループ部に廃漁網がリサイクルされた素材が採用されています。

いずれも「Jeep」のロゴが備わる限定車専用のアイテム。海洋廃棄物などをリサイクルしたシートなど、環境意識が高まる現在ならではの限定車といえそうです。

●価格:568万円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。