ホンダ・フィットがデビュー。コンパクトカーの歴史を変えた大ヒットモデル【今日は何の日?6月21日】

■ホンダ初の登録車トップの座を獲得した大ヒットモデル

2001(平成13)年の6月21日、ホンダが5ドアの新型コンパクトカー「フィット」を発表、翌日から発売が始まりました。斬新なスタイリングと、広くシートアレンジが自在な室内空間、世界トップレベルの燃費によって、大ヒットを記録しました。

●コンパクトカー人気に火をつけたのはヴィッツ

1990年にデビューした新世代コンパクトカーのフィット
1990年にデビューした新世代コンパクトカーのフィット

1990年代までの、利便性と安価が売りであったコントパクトカーのイメージを一掃したのは、1999年に登場したトヨタヴィッツ」でした。

1999年にデビューしたヴィッツ。居住空間に優れたコンパクトカーとして大ヒット
1999年にデビューしたヴィッツ。居住空間に優れたコンパクトカーとして大ヒット

ヴィッツは従来の2ボックススタイルではなく、丸みを帯びた斬新なフォルムを採用し、室内はロングホイールベース化することで居住スペースと荷室を確保。親しみやすいスタイリングと実用的かつ機能的なパッケージングを実現し、世界中で爆発的なヒットを記録しました。ヴィッツはその後の日本のみならず、世界のコンパクト市場に大きな影響を与えました。

●低床で広いキャビンを実現した新世代コンパクトカー

ヴィッツで開拓された新世代のコンパクト市場に新たに名乗りを上げたのが、ホンダのフィットです。販売が低調だった「ロゴ」の後継モデルですが、実質的にはすべてを新設計した新しいモデルでした。

広い室内空間と多彩なシートアレンジが特徴のフィット
広い室内空間と多彩なシートアレンジが特徴のフィット

フィットは、斬新なスタイル、安全性能や環境性能、走行性能、燃費などユーザーの要求に1台で最大限応える「パーソナルMAX」を具現化することを目標に開発。さらに特徴的なのは、燃料タンクを前席下の車両中央に配置した画期的なセンタータンクレイアウトによって、コンパクトカーながら1クラス上の広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現していたことです。

●世界トップレベルの低燃費と小気味よい走りで年産25万台超え

i-DSIエンジンの燃焼室レイアウト
i-DSIエンジンの燃焼室レイアウト

エンジンは新開発の1.3L直4「i-DSI」エンジンと「ホンダマチックS」CVTの組み合わせ。DSIはデュアル&シーケンシャル・イグニッションの略で、1気筒の燃焼室に2つの点火プラグを対角に配置し、そのタイミングをずらすことで急速な燃焼を実現。これにより燃費はクラストップの23km/L(10-15モード)を達成、これはヴィッツのCVTより4割程度優れた数値です。また従来エンジンと比べると、エンジン+CVTの前後長で118mm、幅で69mm、重量は7kg軽量化され、十分なエンジンパワーと相まって、小気味よい走りも実現しています。

2001年の販売は、半年足らずで10万台超えを記録。翌2002年は25万790台と絶好調、2年目でホンダとして初の登録車首位の座を獲得。その後もハイブリッドを追加するなどして人気を集め、長くコンパクトカーのリーダーに君臨しました。2010年以降は、「アクア」や日産自動車ノートe-POWER)」などの人気モデルが出現して、コンパクトカー市場はヒートアップしています。


絶好調の2021年発売のヤリス
絶好調の2021年発売のヤリス
販売が伸びない2021年発売の4代目フィット
販売が伸びない2021年発売の4代目フィット

昨年2月のほぼ同時期に、「4代目フィット」と「ヤリス(4代目ヴィッツ)」が発売されて真っ向勝負となりましたが、フィットはヤリスに圧倒されています。というか、フィットが絶不調なのが気になりますね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン