ダイハツからロッキーがデビュー。オープントップの本格クロカン【今日は何の日?6月20日】

■ロッキーの元祖はオープンボディのコンパクトクロカン車

1990(平成2)年6月20日、ダイハツからコンパクトクロカン「ロッキー」がデビューしました。1980年代後半から三菱パジェロなど本格的なクロカン4WDが人気となりましたが、ダイハツは小型車のロッキーで勝負に出たのです。ちなみに、2019年デビューの新型コンパクトSUVでロッキーの名前が復活しましたが、後継モデルという位置づけではありません。ここでは初代ロッキーを元祖と呼びます。

●元祖ロッキー誕生までの経緯

トビラ画像
1990年にデビューしたコンパクトクロカン車のロッキー。右下は現在のロッキー

ダイハツのクロカン4WDの始まりは、1974年に登場した「タフト」です。こちらも現在のタフトとは別モノのクルマです。タフトは1.0L直4OHVエンジンを搭載したコンパクトクロカン4WDで、1984年に進化して車名を「ラガー」に変更します。タフトとラガーはともに頑強なラダーフレームと4輪リーフ・リジッドサスペンション、パートタイム4WDを備えた本格4WDでした。

1974年に登場したコンパクト・クロカン車のタフト
1974年に登場したコンパクト・クロカン車のタフト

その後、1990年代のRVブームに対応するためにダイハツが考えたのは、オフロードだけでなく、オンロードでも快適に走り、都会的なイメージも持つ4WDでした。それがロッキーであり、まずは欧州で「フェローザ」の車名で発売し海外で好評を得たうえで、自信をもって国内でデビューさせたのです。

●若者を意識してポップなカラーリングやオープンボディを用意

欧州向けロッキー、フェローザと呼ばれて人気を博した。
欧州向けロッキー、フェローザと呼ばれて人気を博した。

ロッキーは若者をターゲットにしてボクシーなスタイリングとポップなカラーリング、アルミホイールで都会的な雰囲気を演出。最大の目玉は脱着な可能なレジン(樹脂)トップで、運転席の頭上も脱着できるサンルーフを装備していたことです。トップを外せばオープントップになり、オプションでソフトトップも用意され、3つのボディが楽しめました。

優れた走行性能と走破性を実現するため、フロントサスペンションはダブルウィッシュボーン、パワートレインは1.6L直4OHCエンジンに5MTの組み合わせのみ。駆動方式はFRと4WDを切り替えるパートタイム4WDに加えて、センターデフを備えたフルタイム4WDが選べました。

●スズキのエスクードの人気に押されて1997年に生産終了

1988年にデビューしたスズキのエスクード(コンバーチブル)
1988年にデビューしたスズキのエスクード(コンバーチブル)

ダイハツが自信をもって投入したロッキーでしたが、コンセプトや見た目が似通ったスズキエスクードが1988年に登場し、人気とは対照的に販売は伸びませんでした。エスクードに対して都会派のイメージ作りがややギクシャクしていたことが、対抗できなかった理由でした。

例えばロッキーには硬派なMTしかなく、気軽に乗りたいという人にはハードルが高かった、またスタイリングも都会っぽさにやや欠けていたのが、マイナス要因だったのです。残念ながら、ロッキーは1997年1代限りで生産を終了しました。


RVブームから都会派SUVへ切り替わるタイミングに上手く乗れなかったロッキーでしたが、冒頭にも触れたようにロッキーの名前は、2019年にお洒落で都会派のコンパクトSUVとして復活しました。やや印象が薄かった元祖ロッキーだけに、現行で初めてロッキーの名前を聞いた人が多いのかもしれませんね。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかも知れません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。