これがプジョーの新種。新型クーペクロスオーバー「408」のグリルが露出

■過去の408シリーズのセダンとステーションワゴンから逸脱する型破りなシルエット

プジョーが現在、ブランド初となるクーペクロスオーバーを開発していますが、ワールドプレミアを6月下旬にすると発表するとともに、そのティザーイメージを初公開しました。

プジョー408_007
プジョー408 ティザーイメージ

これまで「4008」などと呼ばれ噂されていたコンパクトモデルは、過去の408シリーズのセダンとステーションワゴンから逸脱する型破りなシルエットとなります。

プジョー408_001
プジョー408 新型プロトタイプ

公開されたティザーイメージでは、308ハッチバックや3008SUVと同様のデザインのフロントグリルが見てとれ、ボディカラーのアクセントが縦に入っています。

またアグレッシブなスタイルのLEDヘッドライトの一部、ブランドの新しいエンブレム、フードにある408のバッジなども確認できます。

プジョーは新型408が「プジョーの新種」であり、「SUVの特徴的なコードとダイナミックなファストバックシルエットを組み合わせた」と述べており、メディアでは、このボディスタイルを「クーペクロスオーバー」と呼んでいます。

これまで捉えたプロトタイプでも、地上高の増加と、大きく傾斜したルーフライン、および長いリアオーバーハングが確認されています。

プジョー408_004
プジョー408 新型プロトタイプ

市販型では、シトロエン「C5X」と同様の「EMP2」プラットフォームの拡張バージョンを採用。グリルから判断すると、ボンネットの下に燃焼エンジンが置かれているはずです。

電動化については明確な答えを発表していませんが、プラットフォームがマイルドハイブリッドやプラグインハイブリッドなど電動パワートレインのみに対応しており、おそらく、1.2~1.6リットル「PureTech」直列4気筒ガソリンエンジンと、1基または2基の電気モーターが組み合わされると予想されます。

また2023年に登場する「e-308」と、オペル「アストラ-e」では「EMP2」プラットフォームがEVと互換性があることを証明していることから、フルエレクトリック「e-408」導入の可能性も除外できないでしょう。

408市販型はグローバルモデルになることが確定しており、欧州限定ではなく他国際市場でも提供される予定です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?