ヤマハが2輪レース最高峰「MotoGP」王者F・クアルタラロ選手と契約更新。2023年と2024年もワークスチームで活躍

●2021年チャンプが2024年まで契約更新

ヤマハ発動機(以下、ヤマハ)は、6月3日、世界最高峰の2輪レース「MotoGP」のヤマハワークスライダーで、2021年に年間チャンピオンに輝き、2022年シーズンも現在ランキングトップの「ファビオ・クアルタラロ」選手との契約更新を発表。

ヤマハが2輪レース最高峰MotoGP王者F・クアルタラロ選手と契約更新
ヤマハとの強力タッグで2連覇なるか?

2023年と2024年の2年間も、ヤマハ・ファクトリーレーシングMotoGPチーム(Yamaha Factory Racing MotoGP Team)から参戦することを明かにしました。

●ヤマハワークス初年度に偉業を達成

クアルタラロ選手は、現在、ヤマハのMotoGPワークスチーム「モンスターエナジー・ヤマハMotoGP」に所属するフランス出身のレーシングライダーです。

ワークス入りした初年度の2021年シーズンに、いきなり年間チャンピオンを獲得。ヤマハにとって、2015年のホルヘ・ロレンソ選手以来、6年ぶり18回目の快挙をもたらした実力派のライダーです。

ヤマハが2輪レース最高峰MotoGP王者F・クアルタラロ選手と契約更新
2021年シーズンにMotoGPチャンプとなり、ヤマハへ18回目の快挙をもたらしたクアルタラロ選手

クアルタラロ選手は1999年フランス生まれの23歳。幼い頃からバイクに乗りレースに興味を覚え、2015年に16歳で世界選手権のMoto3クラス(250ccマシンで競うMotoGPの下位クラス)に参戦。

2016年〜2017年は、上位クラスのMoto2に昇格後、2019年にヤマハのサテライトチーム「ペトロナス・ヤマハSRT」に加入し、最高峰クラスのMotoGPにステップアップします。

2019年は7回の表彰台、2020年にも3勝をマークするなどで非凡なる才能を発揮。2021年シーズンからは、前述の通り、伝説のライダーで昨年引退した「バレンティーノ・ロッシ」選手の代わりとしてワークスチームに加入し、いきなりの偉業を達成します。

ヤマハが2輪レース最高峰MotoGP王者F・クアルタラロ選手と契約更新
バレンティーノ・ロッシ選手

ちなみに、クアルタラロ選手のMotoGP年間チャンピオンは自身初であるばかりでなく、フランス人としても初めてのタイトル獲得となりました。

そして、全20戦が予定されている2022年シーズンも、ワークスマシン「YZR-M1」を駆り大活躍。5月29日開催の第8戦イタリアGPまでの時点で、2位の「アレイシ・エスパルガロ」選手(アプリリア・ワークス)と8ポイント差で年間ランキングトップに立っています。

ヤマハによれば、クアルタラロ選手は、

「2021シーズンから2022シーズン第8戦までに優勝6回、表彰台14回と見事な成績を残してきたほか、その前の2年間はサテライト・チームから出場し、優勝3回と表彰台10回を獲得。これまでに合計59レースでYZR-M1を駆り、そのうち16回のポールポジションと38回のフロントローを獲得した」

ことで、チームに大きく貢献しているといいます。

ヤマハが2輪レース最高峰MotoGP王者F・クアルタラロ選手と契約更新
2022年シーズンも第8戦イタリアGPまでの時点でランキングトップの#20クアルタラロ選手

また、「彼の紛れもない才能、比類なきモチベーション、周囲を巻き込む明るさが、ヤマハにこのパートナーシップへの自信を与えてくれます」

といったコメントもしています。

●契約更新後、クアルタラロ選手の心境は?

一方、今回、ヤマハと契約更新したクアルタラロ選手は、

「さらに2年、ヤマハ・チームに残ることができるようになり、非常にうれしく思っています。これまでもヤマハでMotoGPへと進み、続いてファクトリー・チームに昇格してきました。ヤマハは初めから私を信じてくれていて、私はこのことに重みを感じています」

とコメント。さらに、

ヤマハが2輪レース最高峰MotoGP王者F・クアルタラロ選手と契約更新
ヤマハと契約更新したクアルタラロ選手

「その上でも今回の新たな合意は大きな決断でした。私は今、キャリアのなかでも最高のタイミングを迎えており、決断には少し時間を要しました。

ヤマハのMotoGPプロジェクトを信頼し、彼らのモチベーションの高さも実感しています。だからこそ私たちは契約を更新し、ともに歩むことを決めたのです。これで現在のシリーズに集中して取り組むことができます」

と語っています。

●苦戦する日本勢のなかで孤軍奮闘

なお、2022年シーズンのMotoGPは、ドゥカティやアプリリアといったイタリアのメーカーが大躍進を果たし、日本メーカーではホンダやスズキが苦戦中です。

ヤマハが2輪レース最高峰MotoGP王者F・クアルタラロ選手と契約更新
ホンダのマルク・マルケス選手

ホンダは、ワークスチームのエースライダー「マルク・マルケス」選手が、右上腕骨の手術のため第9戦以降を戦線離脱。

スズキも、ワークスライダーの「アレックス・リンス」選手が現在ランキング6位ですが、2020年にスズキへ20年ぶりの年間チャンピオンをもたらした「ジョアン・ミル」選手は不調。

ヤマハが2輪レース最高峰MotoGP王者F・クアルタラロ選手と契約更新
スズキは2022年シーズン限りでMotoGP撤退を競技中(写真は2020年チャンピオンのミル選手)

しかも、スズキは、2022年シーズン限りでMotoGPからの撤退を主催団体のドルナと協議中といった発表も行っています。

日本勢のなかで、まさに孤軍奮闘ともいえるヤマハとクアルタラロ選手。2022年シーズンの2連覇はもちろん、さらにさまざなレコードを伸ばす活躍に期待したいものです。

(文:平塚 直樹

この記事の著者

平塚 直樹

平塚 直樹 近影
自動車系の出版社3社を渡り歩き、流れ流れて今に至る「漂流」系フリーライター。実は、クリッカー運営母体の三栄にも在籍経験があり、10年前のクリッカー「創刊」時は、ちょっとエロい(?)カスタムカー雑誌の編集長をやっておりました。現在は、WEBメディアをメインに紙媒体を少々、クルマ選びやお役立ち情報、自動運転などの最新テクノロジーなどを中心に執筆しています。元々好きなバイクや最近気になるドローンなどにも進出中!