スバル「レガシィ」がマイチェンで迫力顔に。魅力のセダンを北米投入

■北米で発表されたマイチェンモデルは魅力大

スバル「レガシィ」2023年モデルのフロントマスク

SUBARU(スバル)の米国法人が5月13日、マイナーチェンジ版となる「レガシィ」の2023年モデルを発表しました。

同モデルは本年4月に公開された新型「アウトバック」のセダンバージョンとなります。

今回のマイチェンでは迫力の有る専用意匠の大型ラジエターグリルを採用。フロントバンパーやLEDヘッドランプの意匠変更に加え、「コの字」型べゼル内にLEDフォグランプを装備するなどフロントマスクを一新しており、全体的にアグレッシブな印象を受けます。

●最新世代のアイサイトを搭載

スバル「レガシィ」2023年モデルのリヤビュー

安全面では最新世代の「アイサイト・ドライバーアシストテクノロジー」を標準装備。

最上級グレードのツーリングXTには、ステレオカメラのアイサイトと連動する「広角単眼カメラ」が追加されており、カメラの3眼化により視野を拡大。歩行者や自転車の認識性能を高めることで、低速で交差点に進入する際の衝突回避や、衝突時の被害軽減を可能にしています。

●「スポーツ」グレードを追加設定

スバル「レガシィ スポーツ」2023年モデルのフロントマスク

今回のマイチェンで注目されるのは、既存グレードである「ベース」「プレミアム」「リミテッド」「ツーリングXT」に加えて、「スポーツ」グレードが追加された点。

スバル「レガシィ スポーツ」に設定のリヤスポイラー

ラジエターグリルに赤いアクセントラインが設けられているほか、マグネタイト・グレーメタリック色に塗装されたドアミラーやラゲッジ・スポイラー装備により識別が容易になっており、足元にはグレー色の18インチ アロイホイールを装備しています。

スバル「レガシィ スポーツ」2023年モデルのインテリア

黒基調で纏められたインテリアにはインパネやステアリングホイール、ドアトリム、シートに赤ステッチをあしらうなど、スポーティな雰囲気を演出。パワームーンルーフなども装備。

スバル「レガシィ スポーツ」2023年モデルのリヤビュー

一方、パワートレーンには他グレードに搭載の2.5L水平対向NAエンジン(182hp/24.3kgm)に代わり、260hp/38.2kgmを発生する2.4L水平対向ターボエンジンを搭載。足廻りにはスポーツチューンされたサスペンションを採用しています。

スバル「レガシィ スポーツ」2023年モデルのサイドビュー

今回ご紹介した2023年モデルは、北米で今秋発売予定ですが、迫力満点のフロントマスクは大いに魅力的なだけに、パワートレーンや安全装備も含め、日本仕様のレガシィについても早期アップデートが望まれます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

「癒し顔」のホンダ フィットが8月にマイチェン。販売テコ入れで「RS」も登場
https://clicccar.com/2022/05/14/1185739/

ホンダが15年ぶりにフルモデルチェンジした新型「インテグラ」の生産をスタート
https://clicccar.com/2022/05/09/1184419/

ヴェゼルの兄貴分、新型ホンダ「ZR-V」が年内に国内発売? シビックベースのSUV
https://clicccar.com/2022/05/05/1183393/

次期クラウンはサイドビューのイメージを一新? グローバルデザインへと深化
https://clicccar.com/2022/04/28/1181357/

その名は「SAKURA(サクラ)」!? 日産・三菱自共同開発の軽EVが登場秒読み !
https://clicccar.com/2022/04/11/1176488/

【関連リンク】

スバル レガシィ アウトバック
https://www.subaru.jp/legacy/outback/

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。