夫婦2人旅、小さな子どもがいるファミリーに対応する広いシェルを備えたコンパクトキャンパー【ジャパンキャンピングカーショー2022】

■6名乗車が可能なミニバンとしても使える

多種多様なタイプやサイズが揃うキャンピングカーの中で、近年人気を集めているのが、軽キャンパーよりも大きく、ハイエース、キャラバンよりも小さいクラスのコンパクトキャンパーです。

AZ-MAX エム・ホルーヴァ
ポップアップルーフを備えるAZ-MAXの「エム・ホルーヴァ」。冷蔵庫も用意する

軽キャンパーに車中泊のアイテムや趣味の道具を積み込んでいくと、あっという間に荷物でいっぱいになってしまいます。2人旅であっても積載時には、荷物を相当工夫して積み込む必要があります。

そこで、ダイハツ・グランマックス/トヨタ・タウンエース系、あるいは日産NV200バネットをベースとしたコンパクトなバン/トラックをベースに、FRPやアルミなどでシェルと呼ばれる後方の居住スペースを備えているモデルが人気を集めています。

AZ-MAX エム・ホルーヴァ
エム・ホルーヴァの外観(写真/AZ-MAX)

取り回しのしやすさを確保しながらも広大な居住スペースを確保できるため、夫婦2人旅でもストレスなく長距離移動ができるのが美点。

筆者の知人も夫婦2人で関東から鹿児島までなど、長旅を楽しんでいる例もあります。

AZ-MAXの「M・HORUEVA(エム・ホルーヴァ)」もそんな1台。

AZ-MAX エム・ホルーヴァ
エアコンを完備

トヨタ・タウンエース(T)をベースに、ポップアップルーフを備えた広大なシェルが構築されています。

乗車定員は6名で、就寝人数は3人(別途2名対座タイプとして、乗車定員:4名、就寝人数:大人2人+子ども2人仕様も設定)。小さな子どもがいるファミリーにも対応します。

ポップアップルーフを備えることで、室内高は2050mmとなり、大人でも余裕をもって室内の移動が可能です。

AZ-MAX エム・ホルーヴァ
ポップアップルーフ化により広々したダイネットを確保

乗車定員6名(就寝人数3人)の仕様は、2列目と3列目シートを展開することで、フロアベッドになり、後方にチャイルドベッドが用意されています。ポップアップルーフによる高い開放感が得られるのが「エム・ホルーヴァ」の魅力となっています。

●ボディサイズ:全長4580×全幅1800×全高2250mm

●標準装備:エアコン(シングル)、給・排水タンク(16L)、サブバッテリー、調理器具(カセットコンロ)、外部電源、ペアガラス(架装部)、冷蔵庫(49L)

●オプション:バックカメラ(4万4000円)、リヤシガー&USB(6,600円)、追加サブバッテリー(4万4000円)、30Aサブバッテリー(5万5000円)、12Vエアコンなど

●車両本体価格:445万6700円

●展示車両価格:493万6300円

塚田 勝弘

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。