スズキ ジムニーがGクラスなみに!?超高級化ボディキットは総額860万円!

■最低地上高は40センチメートル、8穴の黒い18インチホイールと全地形対応タイヤなど装備

2018年に登場以来、絶大な人気を誇るスズキの本格オフローダー「ジムニー」。パーツメーカー「Delta4x4」と「AvusAuto」の共同開発による最新のカスタムボディキットが発表されました。

スズキ ジムニー_002
スズキ ジムニー ボディキット

特徴は、車両にポータルアスクルを取り付けるためのキットです。固定車軸にハブリダクションシステムを組み込んだものがポータルアクスルと呼ばれ、本来ポータルアクスルに用いられる減速ギアを内蔵したホイールハブのみを指していましたが、日本ではこの構造自体をハブリダクションと呼ぶ事が多いです。

スズキ ジムニー_007
スズキ ジムニー ボディキット

ボディをご覧のとおり、ポータルアスクルはより高く取り付けられており、最低地上高は40センチメートル(15.75インチ)となっています。また、ルーフがない場合でもSUVの高さは1.8メートル(70.9インチ)だといいます。

AvusAutoは、ポータルアスクルを備えたジムニーを12台製作、Delta4x4は車両の残りの部分をアップグレードする作業を処理するといいます。市販型では、8穴の黒い18インチホイールと全地形対応タイヤ、フェンダーフレアを装備。購入者はステンレス鋼のブラシガードとウインチを追加できます。

足回りでは、リフトとリモートリザーバーによる調整可能な4センチメートル(1.575インチ)のサスペンションを装備、さらにオフロード能力を高めるために、フロントアスクルとリヤアスクルにロッキングディファレンシャルを追加するオプションが用意されています。

公開された2台のジムニーですが、グレーのモデルには、ギアが満載のルーフラック、ヘッドライトカバー、ウインチを装備。イエローのモデルには、上部にライトが付いたブラシガード、ルーフにライトバー、ラックが備わっています。

すでにスイスとドイツで販売が公認されており、販売価格は56,000ユーロ(約744万円)ですが、デフロックやウィンチなどすべてのオプションを備えると65,000ユーロ(約860万円)と、かなりの高級車となります。

(APOLLO)