オービスと区別できない!みんなが間違える「Nシステム」って何? 意外な危険性とは?

■ナンバーを読み取る装置だがその気になれば速度判定も!

オービスと間違えやすいNシステム
道路をまたぐように設置されたNシステム

「Nシステム」とは、全国の道路の1500カ所以上に設置されている「自動車ナンバー自動読み取り装置」のこと。

眼下を走行するクルマのナンバーを読み取り、中央装置に伝送→蓄積され、主に犯罪捜査に使われているのです。しかし、最新式ではナンバーだけではなく車室内の乗員まで写せる高性能カメラに大容量スーパーコンピューターがドッキング。なんとその気になれば、連続撮影することで速度まで割り出せちゃうというのです!

オービスと間違えやすいNシステム
一瞬オービスかと思ってしまいますが・・

初導入は約30年前の1986年。手配中の車両などを人手をかけずに無人検問しようというのが開発コンセプトでした。そして今や、確認されているNシステムの設置数は日本全国で1500カ所以上。街のあらゆる場所に設置されている監視カメラとともに、国民の全動向を把握する監視システムが着々と完成しつつあるというわけです。

ただ撮影されているだけなら日常生活に影響はないので、ほとんどの国民にとっては無害…ではあるのですが、ところがどっこい、オービスに似ているということに意外な危険性をはらんでいるのです!

オービスと間違えやすいNシステム
オービスと勘違いした前走車の急ブレーキには注意しましょう

というのはNシステムにはオービスのような「予告板」等がないため、オービスと勘違いして慌てて急ブレーキを踏むケースがあるのです。あなたもNシステムの直前の路面に急ブレーキと思われるブラックマークがついているのをみかけたことがあるのでは? 急ブレーキを踏んだ方も危ないですが、後ろを走っていたクルマだってたまったもんじゃありません。

現時点では、事前の予告板のないオービスは確認されていません。ということは、予告板のないオービスもどきはまず、Nシステムと考えていいでしょう。つまり、例えスピード違反していようがドリフト(?)していようが、撮影されたからといって臆することはないということです。

ちなみに、Nシステムは撮影時に無色透明な光を発しますが、オービスのように撮影したことをドライバーに認識させるためにわざと赤く発光することはありません。後ろめたいことのない善良なドライバーは安全第一で慌てず騒がず堂々と通過しましょう。

(文と写真:フードライズ)

※この記事は2021年9月29日に再編集しました。

【関連リンク】

☆オービスで痛い思いをしたくないアナタはコチラ!
http://hoodridez.jp/

☆交通取締徹底対策ならコチラ!
https://motor-fan.jp/article/category/103

【関連記事】
新東名高速道路で11月1日から制限速度110Km/hの試行開始!注意点は?
https://clicccar.com/2017/11/06/527826/

新東名と東北道の一部区間が最高速度110km/hに!
https://clicccar.com/2016/10/14/407675/

警察庁、新東名と東北道の最高速度120km/hに見直しへ!
https://clicccar.com/2016/03/25/362526/

新東名の開通区間「55km」を走ってみてわかったことは?
https://clicccar.com/2016/02/20/355132/

新東名55km区間開通で御殿場‐豊田間が60分短縮!
https://clicccar.com/2016/02/13/353613/

新東名高速の最高速が120km/hになるってホント?
https://clicccar.com/2015/07/24/317588/