SUVの王様・レンジローバー次期型、PHEVモデルを初スクープ!

■燃料キャップと充電ポートの両方を確認、「ヴェラール」の影響を受けたデザインに

レンジローバー_002
ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ

最高級SUVブランド、ランドローバーが発売する「レンジローバー」次期型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

キャッチした開発車両のフロントウィンドウには「HYBRID」と書かれたイエローステッカーが貼られ、燃料キャップと充電ポートの両方を確認することができることから、プラグインハイブリッドモデルであることは間違いないと思われます。

市販型ではジャガーランドローバーの新しい「MLA」プラットフォームを採用、マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、フルエレクトリックモデルに対応可能となっています。

同じプラットフォームは新型「レンジローバー スポーツ」でも採用予定です。

レンジローバー_004
ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ

最新プロトタイプではカモフラージュが厳重ながらも、特徴的な長いリアオーバーハング、よりスリムなLEDヘッドライト、クラムシェルスタイルのフード、新設計され高級感がアップしたフロントグリルなどが確認でき、レンジローバー「ヴェラール」の影響を受けている様子が伺えます。

キャビン内には、さまざまな機能を操作するボタンが配置されたステアリングホイールを装備、その奥にはデジタルインストルメントクラスタを配置、新設計されたインフォテインメントシステムはその隣に搭載されると予想されます。

レンジローバー_009
ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ

パワートレインは、最高出力400psを発揮する3.0リットル直列6気筒ガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッド、最高出力404ps・最大トルク640Nmを発揮する2.0リットル直列4気筒+電気モーターのPHEVをラインアップ。

さらにフラッグシップにはスーパーチャージャー付き5.0リットルV型8気筒に代わり、最高出力570psを発揮するBMW製4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンの搭載も有力です。

レンジローバー次世代型のデビューは2022年初頭で、標準とロングホイールベースの2つのボディバージョンを提供、1年後には「スポーツ」が設定されると見られています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?