フォードF150 EV版、高性能ブランド「ライトニング」復活へ!

■全輪駆動で最高出力は450ps以上発揮

フォードは現在、ピックアップトラック「F-150」」のEVバージョンを開発していますが、市販型では高性能バージョンとなる「ライトニング」ブランドが設定される可能性があることがわかりました。

フォード F150_001
フォード F150E 次期型プロトタイプ

初代ライトニングは1993年モデルに設定、チューニングされた5.8リットルV型8気筒エンジンを搭載し、最高出力240psを発揮しました。

第二弾は1999年モデルに設定、5.4リットルV型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力360psを発揮しました。そして2001年モデルでは、最高出力が380psまで高められています。

フォード F150EV_001
フォード F150EV ティザーイメージ

フルエレクトリックとなるF-150は、独立したリアサスペンションを使用、後輪に動力を送るためのハーフシャフトを備える頑丈な電気モーターを積むといいます。

フロントのモーターは全輪駆動を提供、噂によると1回の充電による航続は300マイル(480km)ですが、アップグレード版のバッテリーパックでは驚異の400マイル(640km)に達するといいます。

エクステリアデザインはF-150のキープコンセプトとなりますが、ティザーイメージからはLEDストリップがボンネットの下を走り、各コーナーで90度に下に向けられているほか、下部コーナーにもL字型LEDデイタイムランニングライトが追加されるなど差別化が図られます。

F-150 EVライトニングの最高出力は450ps以上と予想されています。

APOLLO

『Scoop』の最新記事
BMW M3 ツーリング_003
BMW M3初のツーリング市販型をミュンヘンで目撃!「コンペティション」は510馬力と予想!
起亜 ニロ_005
起亜が電動化を加速。自慢のEVスペシャリスト「ニロ」第2世代をアルプス山中で補足!
起亜 プロシード_014
ポルシェを模したLED DRLを装備? 起亜プロシード改良型、内外装をキャッチ
メルセデス AMG C63_003
これが最終デザインだ! メルセデス最強コンパクトワゴン、AMG「C63ステーションワゴン」次期型だ
フェラーリ V6_001
フェラーリ・V6ハイブリッドは6月24日デビューか!? 心臓部に「クアドリフォリオ」を採用との噂も

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事