抜群の取り回しの良さを誇るトヨタ・パッソが、一部改良で「スマートアシストⅢ」を全車標準化

■新ボディカラーの「ターコイズブルーマイカメタリック」を設定

ダイハツ・ブーンのOEM版であるトヨタ・パッソが、2021年4月1日に一部改良を受けました。パッソは、スタンダード(エントリーグレード)系の「X」と上質な「MODA」系を設定し、前者はスクエアなヘッドライト、後者は愛らしい丸目ヘッドライトを備えています。

トヨタ パッソ
「ターコイズブルーマイカメタリック」をまとう「X“L package”(2WD)」

今回の一部改良では、「X」にも先進安全装備の「スマートアシストⅢ」とコンライトが用意され、全車標準装備化されています。また、スタンダード系で上級パッケージの「X“L package”」にLEDヘッドランプを標準装備。

快適装備の充実化も図られています。エントリーグレードの「X」のリヤドアとバックドアに、UVカット機能付プライバシーガラスが採用され、日焼けを防ぎ、夏でも快適な車内空間を保ちやすくなっています。ほかにも、「X“L package”」に、シルバー+ピアノブラック調加飾が施されたオーディオクラスターとサイドレジスターリングが設定され、より洗練されたインテリアになっています。

トヨタ パッソ
「X“L package”(2WD)」のインパネ。内装色はグレージュ

また、ボディカラー展開も一部見直されていて、「ターコイズブルーマイカメタリック」が新たに設定されています。これにより、モノトーンが9色、ツートーンが4色の計13色が用意されています。

価格帯は、126万5000円~190万3000円。全長3680×全幅1665×全高1525mm(MODA系)というコンパクトサイズと、4.6mという最小回転半径により、高い小回り性能を実現するトヨタ・パッソは、ビギナーにも優しい取り回しのしやすさなどが美点です。

塚田 勝弘

『トヨタ自動車』の最新記事
lexus LS and Toyota MIRAI
限りなく自動運転に近づいた運転支援システム「アドバンスド・ドライブ」搭載車をトヨタが発売開始
次期クラウンにレクサス「LF-Z Electrified」のデザインコンセプトが活かされる!?
トヨタ FC医療車
世界初の「燃料電池医療車」の実証実験をトヨタと熊本赤十字病院が実施

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事