サスペンションの役割とは?路面からの衝撃を吸収しつつ車体を支持【バイク用語辞典:サスペンション編】

■衝撃を吸収するスプリングと無駄な収縮を拘束するダンパーで構成

●前後ホイールと車体の間に装着して乗り心地を調整

走行中に路面の凹凸や段差を乗り越える時には、タイヤやホイールを介してさまざまな形態の衝撃が車体とライダーに伝わります。サスペンションは、前後ホイールと車体の間に装備され、衝撃を和らげて快適な乗り心地を実現します。

サスペンションの基本的な構造と役割について、解説します。

●サスペンションの役割

路面の凹凸による衝撃を吸収して、乗り心地を改善する緩衝装置がサスペンションです。

前後サスペンション
前後サスペンション

サスペンションには、路面からの衝撃を吸収して乗り心地を向上させる役割と、サスペンションをストロークさせてタイヤの路面への追従性(接地性)を高める役割があります。これらの機能によって、乗り心地と操縦安定性を両立させるのです。

一般的なバイクでは、前輪にテレスコピック式フロントフォーク、後輪にはスイングアーム式のサスペンションを採用しています。これらは、上下動または円弧を一定の範囲内と方向に動くように拘束します。すなわち、サスペンションは緩衝や追従機能だけでなく、車体とホイールを連結して支持する役割も担っているのです。

●サスペンションの基本構造

サスペンションの構造
サスペンションの構造

基本的な構造は、ホイールと車体の間に設けられ、強力なコイルスプリングとその振動を減衰させるダンパー(ショックアブソーバー)で構成されます。サスペンションに使用されるスプリングは、通常はバネ鋼線をコイル状に巻いたコイルスプリングです。

このバネの伸縮によって路面からの衝撃や振動を吸収し、バネの太さや長さ、巻き数でバネ定数や応力などの基本的な特性が決まります。スプリングには、シリンダーに封入した窒素や空気などを利用して、ガスを圧縮したときの反力を利用するものもありますが、その場合でも金属のバネとの併用が一般的です。

●ダンパーの原理と役割

コイルスプリングは衝撃を吸収しますが、振動が収まるまでに時間を要します。減衰装置であるダンパー(ショックアブソーバー)は、その振動を素早く抑える減衰の役割を担い、コイルスプリングと組み合わせて使います。

ダンパーの効果
ダンパーの効果

標準的な油圧式ダンパーでは、粘度の高いオイルと空気(または窒素ガス)が封入されたシリンダーの中にオリフィスの開いたダンパーピストンが内蔵されています。ピストンが上下運動してオイルがオリフィスを通過するときの抵抗が減衰力となります。

例えばタイヤが突起に乗り上げると、スプリングが吸収しショックアブソーバーとともに縮みます。突起を乗り越えると、スプリングは一旦伸びてその反動で再び縮もうとします。このとき、ショックアブソーバーが突っ張り、サスペンションの振動を収束させるのです。


サスペンションは、路面からの衝撃を吸収するとともにバイクを支持する役割を担っています。したがって、サスペンションの性能や特性が走行時の車体姿勢を決定付けるため、乗り心地や操縦性に大きく関わってきます。

(Mr.ソラン)

『バイク用語辞典』の最新記事
トビラ画像
ミラーの保安基準とは?原付を除くバイクには左右両側に1個ずつ必要【バイク用語辞典:カスタム化・保安基準編】
トビラ画像
フォグランプの保安基準とは?装着は任意。色は白または淡黄色に限る【バイク用語辞典:カスタム化・保安基準編】
トビラ画像
ウィンカーの保安基準とは?規定内の周期で点滅する橙色灯を車体前部と後部に装備【バイク用語辞典:カスタム化・保安基準編】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事