燃料電池車の水素は爆発しないのか? 2代目トヨタMIRAI発売前に知っておきたい水素・燃料電池車の価格、メリット、仕組み

■水素燃料電池車は普及しないのか?

2代目となる新型トヨタMIRAI(プロトタイプ)
2代目となる新型トヨタMIRAI(プロトタイプ)

MIRAIがフルモデルチェンジして2代目へ進化する。2014年にデビューして6年経過した燃料電池車ながら、未だに理解されていない点も少なくない。先週末、岐阜で開催されたラリーの先行車として初代MIRAIのラリー車を走らせたのだけれど、助手席に乗ったオフィシャル(クルマの競技をしている上、自動車関係企業関係者だという)は水素を燃やして走っていると思っていたそうな。

はたまた「水素は爆発するから危険では?」とか「水素はどこで買うのか?」などいろんな質問を受ける。航続距離や、水素のネダンなども知られていないようだ。「水素を作るのに化石燃料を燃やすんだから全くECOじゃないでしょう!」という意見すら出るほど。新型の登場に合わせ、燃料電池車でよく聞かれる質問を挙げ、簡単に説明していきたいと思う。

1)水素は危険か?

一番混同しているのが水爆と水素爆発のようだ。水爆というのは原爆の「核分裂」より大きなエネルギーを出す「核融合」を使った爆弾のこと。核融合には大きなエネルギーでキッカケ作りをしなければならず、水爆を起動するのに原爆使う。水素が漏れても水爆にはならない。いわゆる「水素爆発」は建物などに漏れた水素が圧縮され爆発的に燃焼した状況。ただガソリンほどのエネルギーを持っておらず、常温&常圧だと「ぽわっ」っと燃えるだけ。ガソリンより安全である。

2)水素がタンクから漏れたら?

水素燃料タンク
水素燃料タンク

漏れないようなタンクになっている。トヨタMIRAIの水素タンクはタンクそのものも頑丈に作られており、ピストルはもちろんM16などの小銃弾を受けても損傷しない。交通事故の衝撃は、仮にタンクが壊れるほどのエネルギーを受けたら、その遙か前に乗員は生存していないと思う。ちなみに水素が空気中に出たら、軽いためすぐ上空に拡散していく。

3)水素を燃やす?

フロントのFUEL CELLユニット
フロントのFUEL CELLユニット

燃料電池は水の電気分解の逆を行う。電気分解は水に電気を通すと、水素と酸素に分解する。逆に水素と酸素を反応させれば電気が出来るのだった。燃料電池は水素と大気中に含まれてる酸素を反応させ、電気を作るシステム。したがって燃料は「水素」のみ。
水素と酸素を反応させると電気と水(純水)になる。MIRAIは水(蒸気)を排出して走ります。

4)水素はどこでいれるの?

水素充填口
水素充填口

まだまだ都市部に限られる上、少ないけれど2014年から「水素ステーション」というのが作られている。ガソリンスタンドのようにクルマで乗り付け、店員さんが入れてくれます。残量警告灯点いた状態から満充填までに掛かる時間は3分ほど。「キュ~ッ!」という音を立てて800気圧(水深8千mと同じ圧力)の水素がタンクに入っていく。

5)水素の価格は? 航続距離は?

新型では航続距離が30アップ
新型では航続距離が30アップ

水素の価格は、現在税込みで1kgあたり1100円くらい。水素による燃費は上手に走ると1kgで100km程度走るため、一般的なガソリン車の燃費とガソリン価格で換算すると12km/Lくらいの燃料コストをイメージして貰えばよいと思う。
新型MIRAIはタンク容量5.6kg。残量警告灯点くと5kgくらい入って5500円。500kmくらい走れると思えば間違いない。安心して走れる航続距離は冬場550km。夏場600km程度でしょう。

6)水素をどうやって作る?

災害時などに給電車としても活躍しそう
災害時などに給電車としても活躍しそう

現在は水を電気分解して作っています。将来的には太陽光などで出来る使い道の無い余剰電力を使い、水素に換えて蓄えることになると思う。バッテリーに電力を貯めるより効率良く、しかも貯めた水素を運ぶことだって可能。将来的には砂漠で作った電力や、風力発電など発電量が安定しない再生可能エネルギーのバッファとして有望。

7)価格は?

新型MIRAIは大幅にグレードアップ
新型MIRAIは大幅にグレードアップ
後席3名掛けの定員5人乗り
後席3名掛けの定員5人乗り

初代MIRAIは741万円スタートだった。政府から補助金が202万円出るため実質的に539万円。東京都だとさらに101万円出るため438万円となった。新型MIRAIは中型FF車をベースだった初代より大幅にグレードアップしながら(レクサスLSをベースにしている)値下げ。
補助金は少なくなったものの、クラウンの上級グレードよりお買い得な価格設定です。決して高くない。

新型MIRAIは12月9日から試乗車も用意される。台場のメガWebでも試乗可能。ぜひハンドル握ってみて頂きたい。良いクルマです。

新型MIRAI(プロトタイプ)
新型MIRAI(プロトタイプ)

(文:国沢光宏/プロトタイプ写真:井上 誠)

『国沢光宏』の最新記事
WRC応援してます!
2021年のWRCジャパン、日程を含め開催確定! 2021年は新型コロナ禍から脱出し明るい年になる?
yaris cross
アイドリングストップ機能は使わない方がいいかもしれません【自動車評論家のお詫び】
フェアレディZプロトタイプ
日産、環境の時代&スポーツカー氷河期の中、なぜフェアレディZプロトタイプを発表したのか?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事