「TWINGO」のタイポグラフィーが目を惹く特別仕様車「ルノー トゥインゴ シグネチャー」が登場【新車】

■専用レザー調×ファブリックのコンビシートを用意

「TWIst」「sWINg」「tanGO」という3つの言葉に着想を得て車名が付けられたルノー トゥインゴ。

今回登場した特別仕様車「ルノー トゥインゴ シグネチャー」には、この3つの言葉をイメージして「TWINGO」の文字がデザインされたタイポグラフィーが用意されています。

ルノー トゥインゴ
「ルノー トゥインゴ シグネチャー」のエクステリア

タイポグラフィーは、専用サイドストライプ、シート、キッキングプレートに配置され、同コンパクトカーの個性と感性が際立つ特別仕様車です。

さらに、ボディ同色サイドプロテクションモール(シグネチャーロゴ入り)、専用サイドストライプ、16インチアロイホイール、ブルー内装トリム(ダッシュボード、エアコンベゼル)なども用意され、スポーティかつ上質なムードが演出されています。

ルノー トゥインゴ
専用キッキングプレート

ほかにも、コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ、プライバシーガラス、専用レザー調×ファブリックコンビシート、前席シートヒーター、サブウーハー、リヤシート下収納ネットなどを装備。また、専用ボディカラーの「ブルーオセアン・メタリック」と、新色の「ブランクオーツ・メタリック」の2色も設定され、どちらも内・外装にもルージュがアクセントとして使われています。

ベース車は、デュアルクラッチトランスミッションの「ルノー トゥインゴ EDC」で、価格は217万円となっています。フランス車らしい個性を味わえるトゥインゴの中でもカタログモデルとはひと味違うムードが魅力です。

(塚田 勝弘)

『ルノー』の最新記事
ルノー キャプチャー
2代目の新型ルノー キャプチャーのエクステリア、インテリアはどう進化した?
新型ルノー キャプチャーは、BセグメントSUVでもCセグメントSUVと同等以上の荷室容量を誇る
ルノー キャプチャー
新型ルノー キャプチャーはパワフルな走り、広い後席とラゲッジ、充実の先進安全装備が美点

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事