WRCラリージャパンまであと1年!盛り上げイベント「ラリーミュージアムin岡崎」が岡崎市で開催

■2021年11月11日~14日はWRCラリージャパンご一同様を岡崎に招きたい

●お宝ザクザクのスタンプラリーでWRCラリージャパンを感じよう!

ラリーミュージアムin 岡崎
ラリーミュージアムin 岡崎

2020年11月14日~18日、イオンモール岡崎(愛知県岡崎市)にて「ラリーミュージアムin 岡崎」が開催されました。新型コロナ感染症の世界的流行により今年予定されていた開催が中止になってしまったWRCラリージャパンの2021年開催が11月11日~14日に決定したことを受け実現したものだそうです。

会場は広大なショッピングモール、イオンモール岡崎のウエストアベニューです。店内に入るとすぐに目に入る受付で、何やら見慣れない地図の書いてあるシートを受け取ります。

受付
受付の横には記念写真コーナーが用意されていました

コレ、コマ図というラリー競技で使う地図なのですが、この地図にそって店内のあちこちに設置してあるスタンプを見つけながら、ゴールの「ラリーミュージアムin 岡崎」を目指すという凝ったもの。

スタンプラリーのコマ図
入り口付近の受付で配布されるスタンプラリー参加のための用紙。コマ図にスタンプの場所が記されています
ホンモノのコマ図
これが実際のラリーで使うルートブックのコマ図。手前が新城ラリー2019、奥がWRCラリースウェーデン2020

そんなこととは知らない買い物客も、スタンプを集めればオリジナルトートバッグがもらえるとあって地図を片手に店内へ。コマ図片手に子どもから大人まで店内をウロウロしている様はチョッピリ不思議な空間でした。

RSのアレ?
スタンプの絵柄もラリーカー。RS、車名は書いてないけどアレですね
TME
TMEってトミ・マキネンエディションですかね
GT-FOUR ST205
GT-FOUR ST205って微妙にマニアックな選択

簡単そうで意外に見つからないスタンプを集めて商品をもらいにいくと、ミュージアムに到着してしまうという仕掛けのせいか、もともとラリーが好きな人が多いのか、会場はなかなかの盛況ぶりでした。そういえば、こういう遊びもスタンプ「ラリー」って言いますね。

ゴールはここ
ゴールはここです
中はミュージアム
中はミュージアム

ミュージアムではかつて北海道で開催されたWRCラリージャパンのグッズや資料から、愛知県が生んだ3代続くラリー一家、勝田家のお宝がいっぱい。勝田照夫氏の60年代のトロフィーや幾度もの国内王者に輝いた息子、範彦氏のトロフィー、現在WRCに挑戦している孫の貴元氏のトロフィーなど貴重なお宝がいっぱい。

中には貴元氏がラリー転向前、全日本F3時代に獲得したものなどもあり、なかなかの充実ぶり。

WRCラリー北海道
北海道で開催されていた時代のラリージャパン関連展示。貴重なサイン入りも
日本初WRC
日本で初めて開催されたWRCの公式プログラムなど
ラリージャパン2020
幻となったラリージャパン2020のラリーガイド1など
勝田ファミリーのコーナー
勝田ファミリーのコーナー。1番右が貴元選手、左となりがお父さん、左端はおじいちゃん
貴元選手のF3時代のお宝
貴元選手、F3時代のお宝

また、岡崎市が生んだモータースポーツ界のヒーロー、中嶋悟、一貴、大祐の中嶋家からはル・マン24時間レースにて中嶋一貴選手が2018~2020年と3連覇した時のトロフィー3本勢揃い!という贅沢ぶり。

ル・マン24時間レースのトロフィー
ル・マン24時間レースのトロフィーが3本も!

岡崎市内の三菱自動車が運営するミュージアム「三菱オートギャラリー」からは、WRCドライバー、リチャード・バーンズほか3名のレーシングスーツと、これまた貴重な展示。そういえば三菱って、WRCやダカールラリーなどで世界を席巻したメーカーだったと懐かしんでしまいました。

三菱ラリー
三菱はラリーイメージの強いメーカーでしたね
ラリーのルール
ルールも用語もちょっとわかりにくいラリーをわかりやすく説明した展示ボード

そのほか、岡崎出身のフォトジャーナリスト、青山義明氏によるラリーの写真が会場のほかモール内にも展示してあったりと、地元に根付いたラリー応援活動でした。

青山義明氏
にやけているのが青山義明氏、手にしているのがプレゼントされたトートバック
青山氏の作品
青山氏の作品は会場のほか店舗2階にも展示してありました

また、11月14日には1年後のラリージャパン開催に向け結成された「岡崎市ラリー応援隊」の任命式が行われました。隊長にはお笑いコンビ、キャイ~ンの天野ひろゆき氏、副隊長にはモデル/レースクイーンの橘 香恋さん、隊長代理には岡崎の非公認キャラクター、オカザえもん。

もちろん天野氏も橘さんも岡崎出身です。中根康浩・岡崎市長は来場者に「(3名の方に今日任命させていただきましたが)私も含め岡崎市民ひとりひとり、みんなが応援隊です。来年2021年こそはコロナ禍を乗り越え、素晴らしい選手を岡崎にお招きしたい」と語りました。

中根康浩 岡崎市長
「これから1年ラリージャパンを盛り上げていきましょう!」と中根康浩 岡崎市長
3名の応援団
左から橘 香恋さん、リモートで出演した天野ひろゆき氏、オカザえもん

コマ図によるスタンプラリー、貴重な展示品、ラリーに関するわかりやすい解説ボードの充実ぶりに加え、14日に勝田範彦選手、眞貝知志選手、15日にはWRCカメラマンの小林直樹氏、ラリープラス編集長・平松秀樹氏のトークショーが行われるなど、スポーツツーリズムを推進する岡崎市らしい熱のこもったイベントでした。

トークショー
トークショーを行った勝田範彦選手(左)と眞貝知志選手(右)
勝田貴元選手のトヨタヤリスWRC
昨2019年のセントラルラリーで岡崎中央総合公園を走る勝田貴元選手のトヨタヤリスWRC。中根市長がスポーツツーリズムの拠点と位置付けるこの公園で、再びWRCマシンが激走する日まであと1年!

(文・画像:高橋 学)

『モータースポーツ』の最新記事
ACCRでヤリスWRCが走る
ヤリスWRC、アルペンクラシックラリーのギャラリーステージで走りを披露
ROOKIE Racing GR YARIS
GRヤリス速すぎ! もてぎ戦ST-2クラスのポール獲得【ピレリスーパー耐久シリーズ2020】
D'station Vantage GT3
D’station Vantage GT3がもてぎで今季3度目のポールポジション。今季2度目のGT4とのダブルポール【ピレリスーパー耐久シリーズ2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事