1000万円超えの「走る豪邸」!  超ゴージャスな日独米のキャンピングカー【東京キャンピングカーショー2020】

■まるで高級ホテルのようなインテリア

海外で「モーターホーム」と呼ばれているキャンピングカーは、存在感満点の大きな車体と一際ゴージャスなインテリアなどが魅力。広々とした室内に家具やソファ、冷蔵庫や電子レンジなどの家電、ベッドにバスルームなど、まるで高級リゾートホテルのような装備はまさに「走る豪邸」と呼べるものです。

そんな超豪華仕様のキャンピングカーが、東京キャンピングカーショー2020(9月19日~9月21日・幕張メッセ)に集結。中でも、ここではキャンピングカー本場の欧米製や、日本のコーチビルダーと呼ばれる製造メーカーが手掛けた渾身作など、価格が1000万円を超えるモデルを中心に、そのゴージャスさを紹介します。

●マイクロバスがベースの国産モーターホーム

国産キャンピングカーの中でも、特に豪華なモデルが多いのが、バスをベースとしたバスコンバージョンと呼ばれるモデルです。ここで紹介するナッツRVが製作した「ボーダーバンクス typeTエボリューション」もその1台。価格はなんと展示車両の仕様で1354万円(税抜)〜です。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
ボーダーバンクス typeTエボリューション

ベース車は、マイクロバスのトヨタ・コースター ビッグバン。それにオリジナルの車体を架装し、全長6255mm×全幅2230mm×全高3020mmという巨大なボディが大きな存在感を放つモデルです。

元々がバスですから、当然ながら車内も広々。そこに、これぞとばかりの豪華な装備を投入しています。大人4人がゆったりと座れるソファやテーブルがついたダイニング、キッチンには冷蔵庫や電子レンジを装備、木目調の家具や収納スペースも高級感満点です。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
ボーダーバンクスの豪華なインテリア

しかも、車内の後部には、常設のベッドが2つ並び、エアコンまで付いた寝室スペースまで! 車体前方の上部にはバンクベッドと呼ばれる就寝スペースもあり、ダイニングのソファもベッドになることから、乗車定員6名全員が車内で眠ることができます。

ほかにも、シャワールームやクローゼットなども完備。旅の荷物は車体後方に広いラゲッジスペースがありますから、長旅でも車内が窮屈にならないのも魅力です。

●ハイエースがベースの1000万円超えキャンパー

国産キャンピングカーをもう1台。RVビッグフットが製作した「ACSプルミエM5.7」です。

こちらは、トヨタ・ハイエースのスーパーロング仕様をベースに、車体のキャビン部を架装したキャブコンバージョンと呼ばれるモデルです。ボディサイズは全長5700mm×全幅1950mm×全高2680mmで、全体的にノーマルよりも一回り以上大きくなった感じです。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
ACSプルミエM5.7

その分、車内は装備が充実していて、ホワイトレザー張りのソファーやテーブル、クローゼット付きの常設ベッドルームにキッチンなどにより、ほとんど家と変わらない快適な旅が楽しめます。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
ACSプルミエM5.7のダイニング

また、ルーフには大型のソーラーパネルも搭載していて、充電システムも完璧。クーラーや電子レンジ、冷蔵庫など家電製品も心置きなく使えるのです。

乗車定員は6名で、就寝定員は3名。価格は展示車両の仕様で1082万3510円(税抜)です。

●スタイリッシュなドイツ製モデル

次は海外製を紹介。Dethleffs(デスレフ)というドイツのメーカーが製造する「PULSE(パルス)T6811EB」です。東和モータースが輸入しています。

フィアット製ワンボックスカーのデュカトをベースに、キャビン部を架装したキャブコンバージョンという仕様で、ボディサイズは全長6990mm×全幅2330mm×全高3000mm。いかにも海外製キャンピングカーらしい威風堂々とした車格と、スタイリッシュなデザインが魅力のモデルです。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
パルスT6811EB

LED照明や間接照明で照らされた明るい車内には、座り心地がいいファブリック素材のソファを備えたダイネット。車体後部には常設ベッドがあるほか、ダイネット上部のルーフ部に収納可能なプルダウンベッドも配置。乗車定員4名に対し、3名の就寝が可能になっています。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
パルスT6811EBのダイネット

ほかにも、木目調とホワイトの色合いが清潔感溢れるキッチンやクローゼット、洗面所も兼ねたシャワールームなども装備。価格は1180万円(税抜)〜です。

●別荘に使える北米製巨大トレーラー

最後は番外編。アメリカの老舗メーカーWINNEBAGO(ウィネベーゴ)の「VOYAGE FIFTH WHEEL V3134RL(ボヤージュ フィフスホイール)」です。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
ウィネベーゴ・ボヤージュ フィフスホイール

こちらはキャンピングトレーラーなのでクルマでけん引しないと移動できませんが、全長1万650mm×全幅2450mm×全高3950mmという巨大なボディですから、日本の狭い道で動かすのはかなり難しいと言えます。

それでも、国内に輸入している理由を輸入元のニートアールブイに聞くと、「キャンピングカーとしてというより、別荘など家として需要があるから」だそうです。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
ウィネベーゴ・ボヤージュ フィフスホイールのインテリアは広々

つまり、この大きなボディを置ける土地さえあれば、家の代わりとして十分使えるというのです。車輪などが動かないようにきちんと設置さえすれば、家を建てるわけではないので建築許可は不要。固定資産税もかからないそうで、家を新築したり建て替えることに比べ、手間やコストの面でメリットも多いのだといいます。

ボディは、スライドアウトという機能によりさらに拡張するため、室内は本当に広々。室内半分のスペースには、シアターシートにテーブル、ソファなどを備えたリビング。また、アイランドキッチンや冷蔵庫などの家電製品もあり、快適な生活ができる装備が整っています。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
ウィネベーゴ・ボヤージュは停車時に車体が拡張するスライドアウト機能を持つ

車体前方に繫がる階段の横には、シャワールームなどもあり、階段を上がると寝室スペースに。1520mm×2030mmのクィーンベッドやクローゼットなどを備え、その豪華さはまるでリゾートマンションのようです。確かに、これだけの広さと装備なら家として十分に使えそうですね。

価格(税抜)は930万円です。

超ゴージャスな日独米のキャンピングカー
ボヤージュのベッドルーム

いかがでしたか? どれもゴージャスさが満点で、まさに夢のキャンピングカーばかりでしょう。こんなクルマで旅できたら、さぞかし快適で楽しいでしょうね。

(文/写真:平塚直樹)

『キャンピングカー』の最新記事
メティオ ラクネル・レスト
堅牢なアルミフレームの台座を使い、快適な寝心地を提供【最新キャンピングカー(軽キャンパー編)】
ATV群馬
個性的なエクステリアと車中泊が楽しめる遊び心満点の1台【最新キャンピングカー(軽キャンパー編)】
キャンピングカー レンタル
キャンピングカーのレンタカーにコールマンのアイテムが無料で付いてくるサービスがスタート【最新キャンピングカー(レンタル編)】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事