GRスープラ同士のアツい戦い! D1GPに参戦するGRスープラたち【D1GP 2020】

●今シーズン新たに制作された3台のGRスープラ

2019年に販売が開始されて以来、モータースポーツの世界でも常にホットワードになっているGRスープラ。

国内最多動員数を誇るスーパーGTでは、今シーズンから投入されたニューマシン、GT500クラスのGR Supra GT500とGT300クラスのGR Supra GTが開幕戦で両クラスを制覇。

そしてその翌週に開催されたドリフト競技の最高峰D1グランプリでもTeam TOYO TIRES DRIFTの川畑直人選手がGRスープラでのD1初優勝を遂げました。

今回は、今シーズンD1GPにエントリー、開幕戦に参戦した3台のGRスープラを写真でご紹介したいと思います。

D1GP_GRスープラ_002
Team TOYO TIRES DRIFT川畑真人選手のGR Supra
D1GP_GRスープラ_003
FAT FIVE RACINGからエントリーの齋藤太吾選手のGR Supra
D1GP_GRスープラ_004
齋藤太吾選手と同じFAT FIVE RACINGから参戦する松山北斗選手のGR Supra

こうして3台並べてみると、フロントのカナードやオーバーフェンダー、リヤのフェンダーまわりからウイングあたりまでに違いが見られ、ドライバーの好みが反映されているのが見て取れます。

D1GP_GRスープラ_005
川畑スープラのリヤセクション
D1GP_GRスープラ_006
齋藤スープラのリヤセクション
D1GP_GRスープラ_007
松山スープラのリヤセクション

低いアングルからも見てみましょう。

D1GP_GRスープラ_008
90号車川畑スープラ
D1GP_GRスープラ_009
87号車齋藤スープラ
D1GP_GRスープラ_010
77号車松山スープラ

進入スピードにもよりますが、齋藤選手はイン側のフロントタイヤが浮くほどで、足回りのセッティングにもだいぶ違いがありそうです。

D1GP_GRスープラ_011
90号車川畑スープラ
D1GP_GRスープラ_012
87号車齋藤スープラ
D1GP_GRスープラ_013
77号車松山スープラ

ローアングルの次は俯瞰です。スモークを見ても3台ともきれいなラインでドリフトしているのがわかりますね。松山選手のベテランドライバー2名よりアングルのついたドリフト、お見事です!

余談ですが、川畑選手のスープラはGRスープラとして2台目、齋藤選手は3台目のマシンだそうで、それぞれ先代のデータを基に、よりドリフトしやすいマシンに仕上がっているそうです。

そしてこの3台のほかにも、既報のとおり4台目のGRスープラもD1GPに参戦を表明していますので、今シーズンのD1もますます盛り上がること間違いありません! 今から次戦の開催も楽しみですね!

D1GP_GRスープラ_014
1ヶ月後の第2、3戦も楽しみです!

(H@ty)

【関連記事】
エヴァンゲリオンレーシング、2020のD1グランプリに参戦! マシンは初号機GRスープラ
https://clicccar.com/2020/06/16/986162/

『D1GP』の最新記事
エビス西コースでのGRスープラ
Team TOYO TIRES DRIFTは、藤野選手と川畑選手がチャンピオンの可能性を残す【D1GP】
D1GP第6戦小橋選手のチェック走行
データと動画をフル活用! これが現代のドリフト機械審査攻略法だ【D1GP第6戦EBISU WEST DRIFT】
D1GPタイヤウォーズ2020_01
白熱するD1タイヤ戦争。第5戦では3メーカーが表彰台を分け合う【D1GP 2020】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事