これがトヨタ・スバル共同開発SUVなのか!? 次世代EVクロスオーバーSUV特許画像が流出

■中国・BYDとのパートナーシップにより開発されたバッテリーを搭載か?

トヨタが開発していると思われる、次世代EVクロスオーバーSUVの特許画像が流出。スウェーデンのエージェント経由で画像を入手しました。

現在、トヨタはスバルと共同開発でEVクロスオーバーSUVを開発していますが、その新型EVクロスオーバーの可能性もありそうです。その場合、最高出力290ps以上、4WDが標準装備され、大容量リチウムイオンバッテリーを搭載、航続距離は500km以上が予想されます。

トヨタ 新型EV_002
トヨタ 新型EVクロスオーバー 特許画像

中国特許庁へ申請されたモデルは、パターン化されたグリルパネルと、垂直クロムブレードに変形する「くさび」型ヘッドライトを備えています。上部にはクラムシェルフード、Aピラーからルーフへ向かい2トーンカラーに仕上げられているほか、ドアフレームには目を引くクロムのインレイ、サイドにはデジタルミラーも見てとれます。

リアエンドでは、シャープなテールライトがLEDストリップライトで繋げられているほか、分厚いCピラーは巨大なハンドルのようにルーフを覆っているのも特徴的です。

トヨタ 新型EV_003
トヨタ 新型EVクロスオーバー 特許画像

キャビン内では、タッチスクリーンディスプレイ、ワイヤレス充電、Android Auto とApple CarPlayを備えた最新のインフォテイメントと接続性が期待できるほか、次世代の「トヨタ・セーフティセンス」(TSS 3.0)やレベル3の半自動運転も期待できるでしょう。

プラットフォームには「e-TNGA」(電動トヨタニューグローバルアーキテクチャ)の採用が予想されるほか、バッテリー電気自動車を開発する中国の自動車メーカー「BYD」とのパートナーシップにより開発されたバッテリーが搭載される可能性があるといいます。

トヨタ 新型EV_001
トヨタ 新型EVクロスオーバー 特許画像

特許画像の正体が分かり次第、お伝えします。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
ヒュンダイ i20N_003
GRヤリスをターゲットに! ヒュンダイのハードコアハッチ「i20N」市販型がニュルを疾走
ホンダ CR-Z_001
後継モデル登場か!? ホンダが「CR-Z」を商標登録
ヒュンダイ コナN_004
日本市場復活の切り札!? ヒュンダイ最強ハッチ「コナN」、市販型デザインが露出
ランドローバー ディフェンダー_005
ランドローバー ディフェンダー、600馬力のV8モデルを発売へ。開発車両をキャッチ!
ジャガー F-Pace_008
BMW製V8サウンドか? ジャガー最強SUV「F-Pace SVR」改良型、ニュルで高速テスト!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事