トヨタ・ポルテ/スペイドに「パーキングサポートブレーキ」が加わった特別仕様車が登場【新車】

■コンパクトサイズと高い実用性が魅力のトヨタ・ポルテ/スペイド

助手席側のスライドドアによる乗降のしやすさ、広い後席が美点のトヨタ・ポルテ/スペイドに、特別仕様車の「F“Safety Edition”」「G“Safety Edition”」が設定されました。

トヨタ ポルテ
トヨタ・ポルテの特別仕様車「 F“Safety Edition”」

「Safety Edition」のネーミングからわかるように、この2台はポルテ、スペイドそれぞれの「F」「G」に安全デバイスが装備が与えられた特別仕様車で、駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いや、アクセルの踏み過ぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ/静止物)が特別装備されています。

トヨタ・スペイド
スペイドの「 F“Safety Edition”」

さらに、後退時に後方の視界をナビ画面に表示するバックカメラを含めた「ナビレディパッケージ」、太陽光に近い色と大光量で夜間の運転をアシストするディスチャージヘッドランプなどを含むHIDパッケージが特別装備され、安全装備が強化された仕様になっています。

トヨタ ポルテ スペイド
広いキャビンが特徴

ボディカラーは、ポルテに「ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)」を含む全4色を設定。内装色には明るい「フロマージュ」が用意されています。スペイドのボディカラーは、「ボルドーマイカメタリック」を含む全4色展開で、シックな「プラム」が内装色として組み合わされています。

これら特別仕様車の車両価格はポルテ/スペイドとも同じで、「 F“Safety Edition”」のFFは199万円、4WDは214万4000円。「G“Safety Edition”」のFFが209万100円、4WDが224万4100円です、エンジンは全車1.5Lガソリンとなっています。。

トヨタ ポルテ スペイド
ルーミーなインテリアが特徴

少し背が高いパッケージングによる広い室内を備えながら、狭い道でも取り回ししやすい5ナンバーサイズのポルテ/スペイドは、子育て層からポストファミリーまで幅広い層に向くモデルです。

※上記写真には一部異なる仕様も含まれています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。