ルノー トゥインゴに、パリの夏空の飛行機雲をイメージした限定車が登場【新車】

■空を意味するフランス語から命名された、200台限定の「ルノー トゥインゴ シエル」

RRの小気味よい走りが身上のルノー トゥインゴ。

2019年のマイナーチェンジでとくにアナウンスはされていないものの、以前よりも6速DCTがスムーズになり、また最高出力の向上は2PSのみですが、軽いボディをよりスムーズに走らせることができます。

足の動きもよくなったような印象で、乗り心地も含めた動的質感は、マイナーチェンジ前よりも高まっている印象を受けます。

ルノー トゥインゴ
「ルノー トゥインゴ シエル」のエクステリア

2020年6月4日、200台限定の「ルノー トゥインゴ シエル」が設定され、同日から発売されています。

「シエル」は「空」を意味するフランス語だそうで、夏の空をイメージしたという特別仕様車。パリの近くにシャルル・ド・ゴール空港が位置しているため、夏のパリの上空は、たくさんの飛行機雲ができるそうです。

ルノー トゥインゴ
専用トリコロールサイドストライプが目を惹く

同限定車は、パリの抜けるような青い夏空に描かれた飛行機雲をモチーフにした専用トリコロールサイドストライプを、人気ボディカラーの1つ「ブルー ドラジェ」で塗られたボディサイド配しています。

ルノー トゥインゴ
白いアクセントカラーが配されたインパネ

ベース車は「ルノー トゥインゴEDC」で、外観には、専用トリコロールサイドストライプをはじめ、16インチアロイホイール、ボディ同色サイドプロテクションモール(TWINGOロゴ入り)、コーナリングランプ機能付フロントフォグランプ、プライバシーガラスを用意。

ルノー トゥインゴ
16インチアロイホイールを装着する

さらにインテリアなどには、レザー調×ファブリックコンビシート、前席シートヒーター、サブウーファー、リヤシート下収納ネットが専用装備されていて、充実装備による快適なドライブを演出してくれそう。

ルノー トゥインゴ
E3 VERSION – KATANYA BLACK MISTER NEUTRAL LEATHER UPHOLSTERY

「ルノー トゥインゴ シエル」の価格は215万円。なお、ベース車の「ルノー トゥインゴEDC」は、201万5000円ですので13万5000円高となります。それでも専用装備の充実ぶりを考えると、お値打ち度の高い限定車といえそうです。

(塚田勝弘)

『ルノー』の最新記事
ルノー ルーテシア
新型ルーテシア/キャプチャーの欧州販売台数No.1を記念して、Boseヘッドフォン、イヤーバッズが当たるキャンペーンを実施
ルノー トゥインゴ
専用ボディカラーにオレンジのアクセントカラーが配された特別仕様車の「ルノー トゥインゴ バイブス」が登場
ルノー キャプチャー
Bセグメント級SUVの新型ルノー キャプチャーは、走り・先進安全装備などを大幅に進化!

あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています